JAL
Di. 07. Feb. 2023
11月20日(日)〜12月18日(日)

異例のワールドカップで日独戦が実現!カタールW杯2022

4年に1度のFIFA ワールドカップ(以下、W杯)が、いよいよ11月20日(日)〜12月18日(日)にかけて開催される。第22回大会は史上初の中東開催。アジア予選を突破した日本代表は7大会連続で7度目の本大会出場を決め、ドイツ代表と同じグループEに入った。日本代表とドイツ代表はW杯では初対戦となるが、グループEはスペイン代表とコスタリカ代表も属する強豪ぞろいの「死の組」。ボイコット論も湧きあがる「異例」づくしの今大会は果たしてどうなるか。ドイツ代表と日本代表、開催国カタールに焦点を当て、今大会を楽しむさまざまなヒントをお届けする。(文:ドイツニュースダイジェスト編集部)

決勝戦が行われるルサイル・アイコニック・スタジアム決勝戦が行われるルサイル・アイコニック・スタジアム

「異例」づくしのワールドカップ

今回のW杯が「異例」といわれる理由は三つ。①史上初の中東開催であること、②史上初の秋冬開催であること、③主に欧州の参加国でボイコット論が広がっていることである。それには、開催国カタールの社会情勢、現代の欧州と異なる価値観が関係しているようだ。

カタールのサッカー事情

サッカーは開催国カタールで最も人気なスポーツだ。同国のプロサッカーリーグである「カタール・スターズリーグ」は1963年に端を発し、2008年にプロ化。潤沢なオイルマネーで世界中から多くの有名選手を獲得している。

日本人ではMF中島翔哉が2019年2月、史上最高額の移籍金約44億円でアル・アインに加入。年俸は4億円を超えるという。また、2020年9月には元日本代表の小林祐希がフリーでアル・ホールに加入している。J リーグからは2009年にガンバ大阪FW レアンドロが675万ポンドでアル・サッドに、21年に柏レイソルFW マイケル・オルンガが540万ポンドでアル・ドゥハリに加入。

そのほか、ペップ・グアルディオラ(現マンチェスター・C監督)やラウル・ゴンサレス(元スペイン代表)、ハメス・ロドリゲス(現コロンビア代表)など、欧州で活躍した多くのスター選手たちがカタールへの移籍経験を持つ。

開催国カタールはどんな国?

開催国カタールはどんな国?

面積:1万1427平方キロメートル
人口:280万人(外国人居住者含む)
首都:ドーハ
民族:アラブ人
言語:アラビア語
宗教:イスラム教
GDP:約20兆円(一人当たり約800万円)
主要産業:原油(世界シェア1.5%)、天然ガス(世界シェア13.1%)
参考:外務省HP「カタールの基礎データ」

1.史上初の中東開催

開催地は2010年に投票で決定したが、中東でW杯が行われるのは史上初のこと。これまでに行われた全21回の内訳は、欧州(ロシアを含む)で11回、南米で5回、北米で3回、アジアで1回、アフリカで1回となっている。アジアでは唯一、2002年に日韓共同で開催された。

これまでの開催国と優勝国の一覧

第X回 開催年 開催国 優勝国
1 1930 ウルグアイ ウルグアイ
2 1934 イタリア イタリア
3 1938 フランス イタリア
4 1950 ブラジル ウルグアイ
5 1954 スイス 西ドイツ
6 1958 スウェーデン ブラジル
7 1962 チリ ブラジル
8 1966 イングランド イングランド
9 1970 メキシコ ブラジル
10 1974 ドイツ 西ドイツ
11 1978 アルゼンチン アルゼンチン
12 1982 スペイン イタリア
13 1986 メキシコ アルゼンチン
14 1990 イタリア 西ドイツ
15 1994 アメリカ ブラジル
16 1998 フランス フランス
17 2002 日韓 ブラジル
18 2006 ドイツ イタリア
19 2010 南アフリカ スペイン
20 2014 ブラジル ドイツ
21 2018 ロシア フランス
22 2022 カタール

1942年、1946年大会は第二次世界大戦の影響で開催されず、1950年のブラジル大会で戦後再スタートを切った。それ以降も4年に1度開催されている。

2.史上初の秋冬開催

W杯といえば夏のイメージがある。通常は6〜7月にかけて行われるが、2022年大会の開催地は中東のカタール。首都のドーハは、湿度はそこまで高くないが、例年7月に1年間の最高気温を記録しており、40度を超える日も。この地で夏開催となれば、選手にかかる負担は想像を超えるものになるだろう。

選手たちは大会開催中、その地で1カ月間ほどを過ごすが、トレーニング→移動→試合→リカバリー……と、勝ち進む限りこのサイクルを繰り返すことになる。気温40度を超える環境でこのサイクルをこなすことは困難だ。しかし、同地では11月には平均最高気温は30度ほど、12月には25度前後まで下がる。

カタールの月別平均気温 史上初の秋冬開催

そのため、気候を考慮した上での秋冬季開催となったのだが、これはW杯史上初のこと。今回行われるカタールW杯は11月20日(日)、開催国カタール対エクアドルの一戦で開幕し、12月18日(日)に行われる決勝戦で幕を下ろす。ちなみに2014年のブラジルW杯では、気温31度前後の高温多湿下での試合において、給水タイムが認められていた。

3.異例のボイコット論

カタールにおける人権問題などにより、欧米を中心に本大会のボイコット論が巻き起こっている。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、カタールでW杯関連の工事などを担う出稼ぎ労働者が給与未払いや搾取、劣悪な環境下での労働など不当な扱いを受けていると指摘。開催地に決まった2010年12月から数千人が死亡し、その調査が尽くされていないという。批判を受け、カタール政府は20年に最低賃金制度を導入。移民労働者は雇用者の許可を得ずに転職できる自由が与えられた。

また近年、欧米を中心にLGBTQなどの権利を認めるべきという風潮があるなか、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは、カタールの女性や同性愛者、トランスジェンダーなどが差別を受けていると指摘。同国では同性愛が違法とされている。なお欧州では、ハンガリーで反LGBTQ法案が可決されたときも、ドイツやフランスなどから同国に厳しい批判が浴びせられていた。

こうした背景から、元フランス代表でかつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したエリック・カントナ氏は、英国紙Athleticのインタビューで「(スタジアム建設工事で)数千人が死んだ。それでもわれわれはワールドカップを祝福する。私個人的にワールドカップを観ることはない」と自身の考えを明らかにした。

また、元ドイツ代表でかつてバイエルンで活躍したフィリップ・ラーム氏は独誌Kickerに対し、「人権は大会の開催において最も重要なことであるべきだ」と語り、母国の躍進を願う一方、開催国カタールの人権問題やジェンダー問題への姿勢を懸念している。

フランスでは日刊紙レ・ユニオンが、「われわれの価値観に基づいてW杯をボイコットする」と宣言し、カタールW杯について一切報じないことを発表。リヨン市も「一切のストリートビューイングを実施しない」など、今大会への強い抗議の姿勢を示している。

ドイツ人はカタールW杯をどう思っている? ドイツ人はカタールW杯をどう思っている?

ドイツの調査会社Infratest dimapが、「ドイツはカタールW杯をボイコットすべきかどうか」という調査を実施。2021年5月の時点で、全回答者のおよそ3分の2が「参加するべきではない」と回答した(グラフ左)。興味深いのは、サッカーに興味を持つ人のみを対象にした調査でも、ほぼ同様の結果となったことだ(グラフ右)。

そもそもW杯に出るには?日本代表が切符をつかむまでの道のり

全サッカー選手の憧れの舞台ともいえるW杯。しかし、その出場権を得ることは簡単ではない。国際サッカー連盟(FIFA)には211の国・地域が加盟しているが、各大陸・地域での予選を勝ち抜かなければならないからだ。日本が属するアジアサッカー連盟には47の国と地域が加盟しており、2006年大会からは毎度4~5チームが出場。1998年フランス大会で初出場を果たした日本代表だが、その切符をつかむまでは茨の道のりだった。

カタールといえば、「ドーハの悲劇」を思い出す人も多いだろう。1994年米国W杯最終予選として、1993年10月28日にドーハのアルアリ・スタジアムで行われた日本代表対イラク代表の試合において、日本が最後の最後で勝利を逃し、W杯への切符を逃した悲劇的な出来事の通称だ。第4節終了時点で日本はグループ首位をキープしており、日本史上初のW杯本大会出場に王手をかけていた。しかし最終第5節、試合終了間際まで2-1でリードしていたにもかかわらず、アディショナルタイムにまさかの失点。一転して3位に転落し、最終予選で散ったのだった。

しかしその後、日本代表は7大会連続出場を決めている。すでにW杯に出場するアジア常連国ともいえるが、今大会のアジア最終予選も前途多難なものだった。グループBの日本代表はオマーン、中国、サウジアラビア、オーストラリア、ベトナムの5チームと同組となった。それぞれとホーム& アウェイ方式で対戦し、計10試合で勝ち点を最も多く集めた2チームがW杯への出場権をつかむ。「初戦が一番大事」とよくいわれるが、ホームで行われたオマーン戦は0-1で敗れ、まさかの黒星スタート。最初の3試合で1勝2敗という厳しい状況に立たされた。しかし、第4節からは怒涛の連勝で盛り返し、サウジアラビアに次いでグループBの2位として切符を手にしたのだった。

日本代表の今回のアジア最終予選の成績

第X回 日付 ホーム / アウェイ 対戦国 結果
1 2021年9月2日 ホーム オマーン 0-1 ●
2 2021年9月7日 アウェイ 中国 1-0 〇
3 2021年10月7日 アウェイ サウジアラビア 0-1 ●
4 2021年10月12日 ホーム オーストラリア 2-1 〇
5 2021年11月11日 アウェイ ベトナム 1-0 〇
6 2021年11月16日 アウェイ オマーン 1-0 〇
7 2022年1月27日 ホーム 中国 2-0 〇
8 2022年2月1日 ホーム サウジアラビア 2-0 〇
9 2022年3月24日 アウェイ オーストラリア 2-0 〇
10 2022年3月29日 ホーム ベトナム 1-1 △

W杯史上初の日独戦ここに注目!

W杯では初対戦となる日本とドイツ。日本にとって強豪国との対戦機会は、W杯のような大舞台以外には滅多にない。一方で、ドイツのような強豪国でも対戦相手が格下であれ、絶対に負けられないからこそ、気合の入った魅力的な対決となる。そんな日独戦をますます盛り上げるべく、注目すべき点をまとめた。

ドイツに勝てば日本にとってW杯初勝利

日本代表とドイツ代表はカタールW杯で初戦で激突。日本がこれまでにドイツと対戦したのは親善試合の2試合のみで、結果は1敗1分け。今回、日本代表が勝利すれば今大会初勝利となるだけでなく、3度目にして対ドイツ代表戦史上初の勝利となり、日本のサッカー史に新たな1ページを刻むことになる。

過去の親善試合の結果

第1回目惨敗の初対戦
2004年12月16日 結果:0-3 ●

日本は主将の稲本潤一をはじめ、前線にはフランクフルトなどで活躍した高原直泰、GK楢崎正剛が守護神としてプレー。ドイツはGKがドイツ代表のレジェンドで現バイエルンCEOのオリヴァー・カーン、中盤にはミヒャエル・バラック、前線にはW杯最多得点記録保持者のミロスラフ・クローゼらが入っていた。試合後半、クローゼに2ゴール、バラックに1ゴールを許し完敗した。

第2回目力を見せた2度目の対戦
2006年5月30日 結果:2-2 △

2006年ドイツW杯直前の対決。ジーコ・ジャパンは、中村俊輔や中田英寿、小野伸二らを擁する「黄金世代」。前半は0-0で折り返したが、後半に入ると高原が57分と65分にゴールを決めた。しかし、75分にクローゼに追撃弾を許すと、80分にはシュヴァインシュタイガーに同点ゴールを決められ、ドロー決着。善戦するも勝利を逃した。

日本は「死の組」……初戦が成功を左右する?

日本は過去6度のW杯で合計18試合のグループステージ(GS)を戦っているが、戦績は5勝4分け9敗。ちなみに、初戦を落とした大会では必ずGSで敗退しており、引き分け以上の場合は必ず決勝トーナメント進出を果たしている。カタールW杯ではドイツ、スペイン、コスタリカという強敵と一戦を交えることになるが、初戦のドイツ代表戦で引き分け以上の結果が得られれば、自信もついて勢いに乗り、決勝トーナメント進出も見えてくるかもしれない。ドイツ代表は2018年ロシアW杯で初戦を落とし、結局調子が上がることなく、最終節では韓国に敗れてGSで敗退している。

W杯における日本代表の全戦績

〇:勝ち ●:負け △:引き分け

W杯における日本代表の全戦績

グループEの試合日程

※時間はドイツ時間。日本時間は+8時間。

グループEの試合日程

2大会ぶり5度目の戴冠を目指すドイツ代表

バイエルン・ミュンヘンでシーズン3冠(国内リーグ戦、国内カップ戦、UEFA チャンピオンズリーグ)を達成したハンジ・フリック監督(ドイツ)のもと、生まれ変わったチームで大会に臨む。

「一体感」を表現!ドイツ代表の新ユニフォームは「一体感」を表現!

白地に首元から縦に黒色の帯が引かれたもので、男子も女子も同じデザインを着用する。バイエルンに所属するMFセルジュ・ニャブリはドイツサッカー協会公式HPを通じ、「新しいホームユニフォームをとても気に入っている。この色の組み合わせは調和がとれており、ワールドカップでこれを着て、ドイツ代表としてプレーできるのは光栄なこと」とコメント。

ドイツ代表のこの選手に注目!

今大会はバイエルンで活躍する世界的GK マヌエル・ノイアーやMFトーマス・ミュラーなどのベテランに加え、同じくバイエルンMF ジャマール・ムシアラなど、若手の活躍にも期待がかかる。
(正式なメンバー発表前のもの)

現代的センターバックDF ニコ・シュロッターベック(ドルトムント/ドイツ)

ニコ・シュロッターベック(ドルトムント/ドイツ)

今シーズン、フライブルクからドルトムントに移籍。ブンデスリーガ上位常連クラブで若き守備の要として活躍。実の兄ケヴェン・シュロッターベックは今もフライブルクでプレーしている。

試合をコントロールする万能な選手MF ジョシュア・キミッヒ(バイエルン/ドイツ)

MF ジョシュア・キミッヒ

最終ラインからアンカーまでこなし、前線への正確な配球から得点機を演出。チャンスとみるや自らゴールも狙うファイターである。2020年にはUEFA最優秀DF賞に選ばれている。

ドイツ代表唯一のティーンエージャー!?MF ジャマール・ムシアラ(バイエルン/ドイツ)

MF ジャマール・ムシアラ

19歳にして欧州のトップクラブ、バイエルンで頭角を現す。イングランドで育ったため、同国代表を選択することも可能だったが、ドイツ代表として出場することに。恩師ともいえるフリック監督から熱い勧誘を受けたとか。

イングランドの強豪で大活躍MF イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C/イングランド)

MF イルカイ・ギュンドアン

かつて香川真司とともにドルトムントでプレーしたMF。名門マンチェスター・Cでも持ち前の攻撃力を発揮、今では同クラブの主将に。すでに7シーズン目を迎え、4度のリーグ制覇を経験した。

悲願のベスト8進出を目指す日本代表

森保ジャパンは発足後全57試合で39勝8分け10敗。森保一監督が今回のW杯で日本代表を指揮した場合、W杯後の就任から4年間を継続して率いた、初の日本人監督となる。

コンセプトはORIGAMI!日本代表の新ユニフォームのコンセプトはORIGAMI!

JFAによると、新ユニフォームは「これまでのサッカー日本代表の軌跡と『山折り、谷折り』を重ねることで進化するORIGAMIを掛け合わせ、歓喜をもたらす祈りの象徴として表現」している。また、「2011年に開催されたAFCアジアカップ2011カタールでアジア王者となった際にSAMURAI BLUE(日本代表)が着用していたユニフォームから着想」を得ているという。新ユニフォームをまとった日本代表がカタールで躍進することを願うばかりだ。

日本代表のこの選手に注目!

「海外組」も珍しくない日本代表。ドイツで活躍する主将の吉田麻也をはじめ、好調の鎌田大地など、ここでは紹介しきれないほど魅力的な選手がたくさん!
(正式なメンバー発表前のもの)

新守護神に名乗り!GK シュミット・ダニエル(シントトロイデン/ベルギー)

GK シュミット・ダニエル

米国にルーツを持つ、身長197センチのGK。2019年からベルギーのシント・トロイデンでプレーしており、2018年にA代表で初出場を果たす。9月のエクアドル戦では印象的なセーブを連発した。

34歳主将、守備リーダーDF 吉田麻也(シャルケ/ドイツ)

DF 吉田麻也

2010年にオランダのVVVフェンローに加入して以来、欧州で10年以上にわたりDFとして活躍。プレミアリーグやセリエAを経験したベテランは現在、過去に内田篤人氏や板倉滉(ボルシアMG)が所属したシャルケでプレー。

スペインで躍動する若きアタッカーMF 久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)

MF 久保建英

日本人としてバルセロナの下部組織に在籍した特異な経歴を持つ、21歳の類まれなアタッカー。今シーズンから在籍するレアル・ソシエダでは開幕から出場機会を重ね、第9節までに2ゴール2アシストと結果を出している。

ヨーロッパリーグ制覇の立役者MF 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

MF 鎌田大地EL制覇時のもの。左が鎌田選手、右は同クラブ所属の長谷部誠選手

開幕10試合ですでに6ゴールと好調。2019年に日本代表デビューを果たした26歳のMFは昨季、ヨーロッパリーグ制覇に大きく貢献。クラブにも代表にも欠かせない存在となっている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作