instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sa. 24. Aug. 2019

ドイツ中を熱狂させるブンデスリーガ 全18チームをランキング順に紹介

「サッカーは人生と同じだ、いつも上手くいくわけじゃない」
そうつぶやいたのは、ドイツサッカー界の皇帝フランツ・ベッケンバウアー。
人は時に、サッカーの中に人生の縮図を見る。
チケットは毎試合ほぼ完売、この不況下にあっても負けない、
強いマーケットに成長したドイツのブンデスリーガは、
息をするように自然にスタジアムに足を運び、
サッカーと共に生きる何百万ものファンに支えられている。
今シーズンも残り10試合と佳境に入り、優勝争い、降格争い、
熾烈な争いの末にあるクライマックスに向けて目が離せない!
最後にマイスターシャーレを手にするのはどのチームか?!
(編集部:高橋 萌)

ブンデスリーガが盛り上がる5つの理由

1チケットが比較的安い!
ブンデスリーガのチケットの価格は近年低下する傾向にあり、今年の平均価格は 22,43ユーロ。これは英国プレミアリーグの約半額で、欧州のトップリーグの中では一番安い価格設定になっている。

2地元サポーターが熱い!
チケット価格の低下と共に、上昇しているのが観客動員数。今年の前半戦では遂に史上最多記録を更新し、1試合平均で4万4345人がスタジアムで試合を堪能した。平均収容率は約90%と、いつでもほぼ満席。この数字は欧州のトップリーグの中でも、ずば抜けている。

3緊張感溢れる試合の連続
昨年優勝したのがドルトムント、一昨年はバイエルン、その前はヴォルフスブルク。常勝バイエルン以外にも、良い意味で予想を裏切り、リーグ制覇を達成するチーム多数。リーグ全体の実力が拮抗し、どのチームにもチャンスがある。そのため、毎試合がシナリオなしの本気勝負。

4個性豊かな監督&選手たち
試合の楽しみ方は人それぞれ。プレーの芸術性に酔うも良し、戦術に唸るも良し。そして、もしもドイツでじっくりブンデスリーガを楽しむなら、選手や監督、チームが歩んできた歴史にも目を向けてみよう。そこには、愛憎渦巻くドラマがある。

5日本人選手が多数活躍中! !
我々日本人にとっては、日本人選手が多いこともブンデスリーガを楽しめる要素の1つ。日本代表として活躍する選手たちが、ここドイツで戦う姿には勇気付けられる。現在1部に8人(下記)、2部に1人(乾貴士)、女子に3人(安藤梢、永里優季、熊谷紗希)。

※第24節終了時点の結果です

1位
Brusia Dortmund16年ぶりのブンデスリーガ連覇なるか!?

ボルシア・ドルトムント Borussia Dortmund

監督: Jürgen Klopp(44歳、ドイツ)

ドルトムント昨季に引き続き、ユルゲン・クロップ監督の下、攻撃的なサッカーでブンデスリーガを席巻しているドルトムント。その攻撃の要となっているのが、MF香川真司香川(22歳、背番号23)だ。もはや、彼なしにドルトムントは語れないというくらいに、その存在をドイツ中に印象付けた。けがで離脱しているMF マリオ・ゲッツェ(19歳、背番号11)も、今後復帰の予定。この若きドイツ期待の星と香川の連携プレーにも注目あれ。現在、得点ランキング3位に付けているポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(23歳、背番号9)の豪快なシュートも見応え十分。そして、ドルトムントご自慢のホームスタジアムのサポーターの迫力は、凄まじいの一言!!

スタジアム情報Signal Iduna Park
8万720人収容はドイツ一の規模。黄色と黒で埋め尽くされるゴール裏は、ヨーロッパで一番大きな立見席と言われ、ドルトムントサポーターの誇り。

Signal Iduna Park
住所 Strobelallee 50, 44139 Dortmund
アクセス 地下鉄、路面電車で「Signal-Iduna-Park」へ
ドルトムント中央駅からは徒歩で約40分
チケット 01805-309000
ウェブサイト www.bvb.de
2位
FC Bayern München優勝しか目指すもののない強豪中の強豪

バイエルン・ミュンヘン FC Bayern München

監督: Jupp Heynckes(66歳、ドイツ)

バイエルン・ミュンヘン宇佐美貴史バイエルン・ミュンヘン≒ドイツ代表と言うくらいに、トップ選手が集い、世界各国のスター選 手がずらり勢ぞろい。宇佐美貴史(19歳、背番 号14、写真下)がレギュラー争いに苦しむのもうなずける。リーグ制覇21回のバイエルンは、 ほかのチームのサポーターが一様に敵視する存 在。攻撃面ではFW マリオ・ゴメス(26歳、背番号33)が現在、得点ランキング1位。守備面では、ドイツ代表の守護神マニュエル・ノイヤー(25歳、背番号1)が立ちはだかり、まだ16点しか許していない。ユップ・ハインケス監督は現役時代、メンヒェングラットバッハ黄金期のエースストライカーとして活躍、監督を務めた時期もある。今季、バイエルンを脅かすほどの活躍を見せる古巣に対する感情やいかに!?

スタジアム情報Allianz Arena
6万9901人収容。2005年に建てられたモダンなスタジアム。2部の1860ミュンヘンのホームでもあり、バイエルンの試合では赤、1860の時は青くスタジアム全体が輝く。

Allianz Arena
住所 Werner-Heisenberg-Allee 25, 80939 München
アクセス 地下鉄U6 で「Fröttmaning」、そこから徒歩10分
チケット 089-69931333
ウェブサイト www.fcbayern.de
3位
Borussia Mönchengladbach今季のダークフォース的存在

ボルシア・メンヒェングラットバッハ
Borussia Mönchengladbach

監督: Lucien Favre(54歳、スイス)

ボルシア・メンヒェングラットバッハ 大津祐樹1960~70年代に栄光の歴史を刻んだ古豪の復活は、驚 くほど突然に、そして鮮やかに、スイス人監督リュシアン・ファーヴルによってもたらされた。すでに来季のドルトムント移籍を決めた、ドルトムント出身のMFマルコ・ロイス(22歳、背番号11、写真右、中央)を中心に、組織力 と決定力を武器に躍進中。アフロ頭がトレードマークのブラジル代表DF ダンテ(28歳、背番号31)を中心とした強固な守備、芽を出した若手MF パトリック・ヘアマン(21歳、背番号7)の活躍、出場機会を得始めた大津祐樹(21歳、背番号23、写真左)などに注目。熱烈なサポーターが選手を支えるホームでは特に勝負強さを発揮し、ホームでいまだ負けなし。

スタジアム情報Stadion im Borussia-Park
5万9771人収容。国内リーグ制覇5回は、バイエルンに次ぐ記録。古豪の人気は衰えず、最もチケット入手が困難なチー ムの1つと言われている。1万3484席もの立ち見席がある。

Stadion im Borussia-Park
住所 Hennes-Weisweiler-Allee 1, 41179
Mönchengladbach
アクセス メンヒェングラットバッハ中央駅から
シャトルバスで
チケット 01805-181900
ウェブサイト www.borussia.de
4位
FC Schalke 04優勝競いの常連「王様の青」

FC シャルケ04 FC Schalke 04

監督: Huub Stevens(58歳、オランダ)

シャルケ04 内田篤人国内随一の苛烈なダービー戦として知られるドルトムントとの「ルールダービー」を挙げるまでもなく、ドルトムントの連覇阻止を目指す。今季開幕から2カ月も経たない内に、草食系監督のラルフ・ラングニックが病み、肉食系のフーブ・シュテフェンス監督にバトンタッチ。監督キャリアの中でタイトルを多数獲得した名将と知られる。現在、得点ランキングでゴ メスと同点1位のオランダ代表FW クラース・ヤン・フンテラール(28歳、背番号25)や「スペインの至宝」「セニョール」などの愛称で親しまれているラウール・ゴンサレス(34歳、背番号7、写真上、右端)を中心に、得点力でのし上がる。日本代表DF内田篤人 (23歳、背番号22、写真左)が在籍。

スタジアム情報Veltins-Arena
6万1673人収容。スタジアムの中心には天井から吊るされたキューブ型の巨大スクリーンがあり、どの位置に席があっても、試合のハイライトを見逃さないように配慮されている。

Veltins-Arena
住所 Arenaring 1, 45891 Gelsenkirchen
アクセス 路面電車302 で「Veltins-Arena」 へ
チケット 01805-150810
ウェブサイト www.schalke04.de
5位
Bayer 04 Leverkusen

バイヤー・レヴァークーゼン
Bayer 04 Leverkusen

監督: Robin Dutt(47歳、ドイツ)

ドゥット監督過去15年間に5回の準優勝。この結果を見れば、強豪の一角であることは間違いないが、リーグ戦のみならず、数々の大会で「準」 優勝を総なめにしたことから、"Ewigen Zweiten(万年2位)"のイメージが強い。これだけの強豪で、リーグ優勝の経験がゼロというのも珍しい。あと一歩のところでタイトルを逃すのは何が理由なのか?!今季も果たせぬ夢を追いかけ、インド系ドイツ人のドゥット監督(写真)の粘り強い指揮の下、かなり良いところに位置しているが、果たして優勝争いに絡むことはできるか?!ちなみに、攻撃面で活躍しているMFラース・ベンダー(22歳、背番号8) の双子の弟は、ドルトムントに所属するMFスヴェン・ベンダー。2人合わせてベンダーズと呼ばれるくらい、よく似ている。

スタジアム情報BayArena
3万210人収容と、人気 チームながら比較的小さなスタジアムを持つ。住宅街のすぐ側という立地 から、これ以上の拡張が難しいのだとか。しかし その分、街中からのアクセスは抜群。

BayArena
住所 Bismarckstr.122, 51373 Leverkusen
アクセス 「 Leverkusen-Mitte」駅から 徒歩15分
チケット 01805-040404
ウェブサイト www.bayer04.de
6位
SV Werder Bremen

ヴェルダー・ブレーメン
SV Werder Bremen

監督: Thomas Schaaf(50歳、ドイツ)

ドゥット監督めったに笑顔を見せない、頑固親父のような風貌のトーマス・シャーフ監督(写真)がチームを牽引する。選手時代からブレーメン一筋の彼の体と頭に染み付いているのは、同チーム流の超攻撃的でダイナミックなサッカー哲学。チームを支えるゼネラル・マネジャーは、シャーフの現役時代のチームメイトでもある クラウス・アロフス。理想のサッカーを求めてチームが一丸となって戦っている。ペルー人FWクラウディオ・ピサロ(33歳、背 番号24)は今季、得点ランキングトップ5に入る好調ぶり。後半戦に入ってからはまだ1勝と失速気味ではあるが、来年の欧州チャンピオンズリーグ、あるいはヨーロッパリーグという国際大会への出場資格を得るために、国内リーグでは最低でも6位を目指したい。

スタジアム情報Weser-Stadion
4万2000人収容。最新のソーラーシステムを設備し、昨年ついに環境に優しいモダンなサッカー スタジアムに変身した。 ピッチと観客の距離感もより近くなり、観戦の楽しみも増えたという。

Weser-Stadion
住所 Franz-Böhmert-Str.7, 28205 Bremen
アクセス 路面電車で「St.-Jürgen-Straße」
「Weser-Stadion」、または船で周遊しながら
チケット 01805-937337
ウェブサイト www.werder.de
7位
Hannover 96

ハノーファー96
Hannover 96

監督: Mirko Slomka(44歳、ドイツ)

ミルコ・スロムカ監督2010年、降格の危機に瀕していたハノーファーの救世主として登場したミルコ・スロムカ監督(写真)の下、昨季から好調にリーグ戦を戦い抜いている。ブンデスリーガの「リチャード・ギア」との呼び声高いスロムカ監督は、さわやかな笑顔がチャームポイントで、数学教師の免許も持つ知能派。選手の育成を促す指導手腕に定評があるそうで、ノルウェー代表FWモハメド・アブデラウエ(26歳、背番号25)、ドイツ人GKロン=ロベルト・ツィーラー(23歳、背番号1)らが開花。コートジボワール代表FW ディディエ・ヤ・コナン(28歳、背番号11)も実力を発揮。そして現在、ハノーファーは、メンヒェングラットバッハと並び、ホームゲームでいまだ無敗の記録を更新中。

スタジアム情報AWD-Arena
1954年に8万6000人収容のスタジアムとして誕生したが、徐々に収容人数を縮小する方向に改装するという経緯を辿っている。2004年の改装を経て4万9000人収容の現在の姿に。

AWD-Arena
住所 Robert-Enke-Str.1, 30169 Hannover
アクセス 路面電車3、7、9 で「Waterloo」
チケット 01805-189600
ウェブサイト www.hannover96.de
8位
VfB Stuttgart

VfB シュトゥットガルト
VfB Stuttgart

監督: Bruno Labbadia(46歳、ドイツ)

ミルコ・スロムカ監督すっかりチームに定着した感のある日本代表FW岡崎慎司(25歳、背番号31、写真左)と、今年1月に移籍してきたばかりのDF酒井高徳(20歳、背番号2、写真右)の日本人コンビの活躍が嬉しいシュトゥットガルト。そして、今季チームを牽引する好調ぶりを見せているのが、FWマーティン・ハルニック(24歳、背番号7)。彼らの活躍が奏功してか、降格争いで苦労した昨季と比べると安定した位置をキープ。とは言え、まったく油断ができない試合が続く。監督自身も、ここ5年間で3チームを渡り歩く激動の時を経て、シュトゥットガ ルトの真の顔となれるか。

スタジアム情報Mercedes-Benz-Arena
改装されたばかりのスタジアムの収容人数は6万441人と、メルセデス・ベンツの名を冠するに相応しい規模。そのおかげか、当日券を購入できる 可能性が高い穴場スタジアムとなっている。

Mercedes-Benz-Arena
住所 Franz-Böhmert-Str.7, 28205 Bremen
アクセス 路面電車で「St.-Jürgen-Straße」
「Weser-Stadion」、または船で周遊しながら
チケット 01805-937337
ウェブサイト www.werder.de
9位
1. FC Nürnberg

1.FC ニュルンベルク
1. FC Nürnberg

監督: Dieter Hecking(47歳、ドイツ)

ディーター・ヘッキング監督ドイツ・サッカー選手権時代(1963年以前)を含めると9回もドイツリーグを制覇している古豪、ニュルンベルク。同チームのアップダウンの激しいここ数年の戦績を鑑みれば、現段階での9位は上々と言える。2009年から指揮を執るディーター・ヘッキング監督との契約は2014年まで延長が決まり、じっくりとチーム作りを進める方針であることもうかがえる。チェコ代表FWトーマシュ・ペクハルト(22歳、背番号9)ら、今季加入した若手の今後の成長を楽しみにしつつ、後半戦に入り、上位に位置するレヴァークーゼンやブレーメンを相手に白星を上げ、前節ではついに、勢いのあるメンヒェングラットバッハをも破ったニュルンベルクがどこまで順位を上げるか、注目したい。

スタジアム情報easyCredit-Stadion
サポーターが死傷した「ヘイゼルの悲劇」(1985)を受け、91年により安全なスタジアムとして生まれ変わった。4万8553人収容のスタジアムは、国際大会の会場として頻繁に使われている。

easyCredit-Stadion
住所 Max-Morlock-Platz 1, 90480 Nürnberg
アクセス S バーン、路面電車、
バスで 「easyCredit-Stadion」駅へ
チケット 0911-2173333
ウェブサイト www.fcn.de
10位
TSG 1899 Hoffenheim

1899 ホッフェンハイム
TSG 1899 Hoffenheim

監督: Markus Babbel(39歳、ドイツ)

マルクス・バッベル監督チームのパトロン、ディートマー・ホップの夢を乗せ、シンデレラ・ストーリーを地で行くホッフェンハイム。1部に華々しくデビューした2008年以降も、しっかりとリーグに定着している。今季、4年間にわたってチームを率いてきたラルフ・ラングニック監督に別れを告げ、ザンクト・パウリ(2部)の顔だったホルガー・スタニスラウスキ監督に引き継がれたが、常に上を目指すチームの方針としては、真ん中あたりの順位に甘んじることは許されなかったようで、解任。そこへうまくはまったのが、ベルリンを解任されたマルクス・バッベル監督(写真)。1つのシーズン中に2チーム を率いるという稀有な経験をすることになった。逆境の男は、ここでも強さを見せることができるか?!

スタジアム情報Wirsol Rhein-Neckar-Arena
3万150人収容のスタジアムが着工したのは2007年のこと。その年はホッフェンハイムが初めて2 部に昇格した年だ。1部を目指すホッフェンハイム首脳陣の並々ならぬ熱意を感じさせる場所。

Wirsol Rhein-Neckar-Arena
住所 Dietmar-Hopp-Str.1, 74889 Sinsheim
アクセス 電車で「Sinsheim」駅、
そこからシャトルバス、または徒歩15分
チケット 07261-94930
ウェブサイト www.achtzehn99.de
11位
VfL Wolfsburg

VfLヴォルフスブルク
VfL Wolfsburg

監督: Felix Magath(58歳、ドイツ)

長谷部誠ヴォルフスブルクに初優勝をもたらしたフェリックス・マガト監督を再び迎えたのが、昨季終盤。日本代表MF長谷部誠(28歳、背番号13、写真)をドイツで戦える体に変えた「鬼軍曹」は、「このチームで再びマイスターシャーレを!」との意気込みのままに、チームの大改革を推進中。メンバーの大補強に乗り出し、特定のレギュラーが定まらないほど多数の選手を起用。監督の苦労が実っているのか、確かに降格争いに巻き込まれた昨季に比べて、中ほどの順位。しかし大混戦の最中、まだまだ気は抜けない!アウェーで勝てない(今季まだ1勝のみ)現状も打開しなければならない。ここ暫く続いた低迷を根本的に打破しようと、チームは挑戦中。

スタジアム情報Volkswagen-Arena
3万人収容。ピッチは天然芝と人工芝のミックスで、これは今季から新しく採用された。FIFA推奨メーカーDesso Sports Systemsの技術によって実現した良質なピッチ環境。

Volkswagen-Arena
住所 In den Allerwiesen 1, 38446 Wolfsburg
アクセス ヴォルフスブルク中央駅から1キロ、
またはシャトルバスで
チケット 05361-8903903
ウェブサイト www.vfl-wolfsburg.de
12位
1. FSV Mainz 05

1.FSVマインツ05
1. FSV Mainz 05

監督: Thomas Tuchel(38歳、ドイツ)

トーマス・トゥヘル監督昨季、ブンデスリーガのダークフォースの座を途中まで独り占めしていたマインツ。その活躍の代償として、主力選手が次々にトップチームに引き抜かれてしまった。ほぼ一からのスタートとなった今季、トーマス・トゥヘル監督(写真)は新たなチーム作りに乗り出した。24歳でけがを理由に現役を引退し、その後すぐに指導者としてのキャリアを積み始めたトゥヘルの監督歴は10年以上。元スター選手として活躍した監督に対してひそかなライバル意識を燃やしているという。今季加入したカメルーン代表FWマキシム・シュポ=モティング(22歳、背番号10)など、チームにフィットしてきた若手を中心に、今後盛り上がりを見せるか。

スタジアム情報Coface Arena
3万3500人収容のピカピカのスタジアム。今季、ブルッフヴェークシュタディオンからこのコファス・アレーナに引越しを完了したマインツ。真っ赤なスタジアムにサポーターが押し寄せる。

Coface Arena
住所 Eugen-Salomon-Str.1, 55128 Mainz
アクセス バスで「Coface-Arena」
チケット 06131-375500
ウェブサイト www.mainz05.de
13位
Hamburger SV

ハンブルガーSV
Hamburger SV

監督: Thorsten Fink(44歳、ドイツ)

トルステン・フィンク監督監督交代で慌しかった昨季に引き続き、ミヒャエル・エニング監督から始まった今季もすでに3人の監督を解任し、2011年10月からチームを率いているのは、トルステン・フィンク監督(写真)。スイスのFCバーゼルの監督としてスイスリーグを制し、同チームをチャンピオンズリーグに導いた功績を認められてのハンブルク入り。第4節から第9節まで最下位に沈没していたが、フィンク監督の下、ようやく底なし沼から脱出し、なんと13位まで上昇。喜ぶべきことではあるが、なかなか勝てない。引き分けの多さに監督についたあだ名は「引き分けコレクター」。チームの支柱クロアチア代表FWムラデン・ペトリッチ(31歳、背番号10)ら、実力者が揃う。しっかり白星を上げて、汚名返上なるか。

スタジアム情報Imtech-Arena
5万7000人収容のスタジアムは、天然芝の成長を考慮し、光をさえぎらない屋根で覆われている。最新技術を駆使したスタジアムとしてUEFAの5つ星スタジアムに認定されている。

Imtech-Arena
住所 Sylves terallee 7, 22525 Hamburg
アクセス Sバーンで「Stellingen」、
またはバスで「Volkspark」
チケット 01805-478478
ウェブサイト www.hsv.de
14位
1. FC Köln

1.FCケルン
1. FC Köln

監督: Ståle Solbakken(44歳、ノルウェー)

トルステン・フィンク監督ノルウェー出身のストーレ・ゾルバッケン監督の下、なかなか好調を維持できずにいるケルン。気付けば、降格争いをするチームとの勝ち点差が3点にまで迫っている。ここ数年、どうしても降格争いに巻き込まれがちなケルンを助けるのは、やはり「プリンツ」しかいないのか。王子ことドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(26歳、背番号10、写真)の強烈な個性と得点力を起爆剤に、上位を目指す。そのゾルバッケン監督、最近は困った表情ばかりがメディアに写るが、次期ノルウェー代表監督にも強く推されていたほど、監督としての手腕は高く評価されている。元JリーガーFW鄭大世(27歳、背番号9)の電撃移籍後の活躍にも期待したい。

スタジアム情報Rhein-Energie-Stadion
周囲に芝の広場が広がっている、開放感溢れる5万人収容のスタジアム。四隅にそびえるタワーがライン・エネルギー・シュタディオンを特徴付ける。

Rhein-Energie-Stadion
住所 Aachener Str.999, 50933 Köln
アクセス 路面電車で「Rhein-Energie-Stadion」
チケット 01805-325656
ウェブサイト www.fc-koeln.de
15位
Hertha BSC Berlin

ヘルタ・ベルリン
Hertha BSC Berlin

監督: Otto Rehhagel(73歳、ドイツ)

オットー・レーハーゲル2部降格から1シーズンで1部に昇格した勢いのままに疾走した前半戦だったが、1部昇格の立役者マルクス・バッベル監督(現ホッフェンハイム監督)とけんか別れしてから、果てしない監督交代劇が始まった。後半戦に入り、昇格して1年目でまたもや2部降格も現実味を増し、危機感を募らせたベルリンが2月、ついに今季5人目の監督に任命したのがオットー・レーハーゲル(写真)。選手時代からカリスマ性を発揮し、監督としても数々の奇跡に近い功績を残しているだけに、レーハーゲルに懸ける期待には並々ならぬものがある。ドイツ人FWピエール=ミシェル・ラソッガ(20歳、背番号19)、ブラジル人FWラファエル(26歳、背番号10)ら選手が伸びやかに活躍する日も近いか?!

スタジアム情報Olympiastadion
1936年のベルリン・オリンピックのメインスタジアムとして誕生。そのため、サッカー専用のスタジアムではないが、ヘルタ・ベルリンカラーの青い陸上レーンが特徴。7万4220人収容。

Olympiastadion
住所 Olympischer Platz 3, 14053 Berlin
アクセス Sバーン、地下鉄で「Olymp iastadion」
チケット 01805-189200
ウェブサイト www.herthabsc.de
16位
FC Augsburg

FCアウグスブルク
FC Augsburg

監督: Jos Luhukay(48歳、オランダ)

細貝萌クラブ史上初の1部リーグ昇格を果たしたアウグスブルクの初シーズン。やはり1部と2部の差は歴然としているのか、勝ちきれない試合が続いている。とはいえ、日本代表DF細貝萌(25歳、背番号7、写真)はじめ、チーム最多得点を決めているドイツ人FWザシャ・メルダース(26歳、背番号33)ら選手たちの雰囲気は暗くない。叩き上げのチームならではの、挑戦する意欲が持続していると感じさせるのは、オランダ人監督ヨス・ルフカイのモチベーターとしての手腕ゆえか。徐々に1部での戦い方に慣れ、自信を深めてきたように見えるアウグスブルク。国際的スター選手不在のチームのこれからの戦い方に注目したい。

スタジアム情報SGL arena
3万1000人収容。カーボンニュートラル(排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量)なスタジアムとして、環境団体らから賞を受賞している。

SGL arena
住所 Bürgermeister-Ulrich-Str.90, 86199 Augsburg
アクセス 路面電車3番で「Fußball Arena, Siemens II」へ
チケット 01803-019070
ウェブサイト www.fcaugsburg.de
17位
SC Freiburg

SCフライブルク
SC Freiburg

監督: Christian Streich(46歳、ドイツ)

クリスティアン・シュトライヒ今季、ロビン・ドゥット監督(現レヴァークーゼン)の後を引き継いでアシスタントコーチから監督に抜擢されたマルクス・ゾルクが年明けにフェードアウト。後半戦に入ってからチームを率いているのは、またまたアシスタントコーチから出世という流れでクリスティアン・シュトライヒ(写真)。コロコロ監督が変わるのは、下位に低迷するチームの宿命か。今季前半戦終了時には、チームの主力FWパピス・シセが英国へ移籍し、FW矢野貴章や長らくキャプテンを務めたDFハイコ・ブッチャーら5人は戦力外通告を受けた。待ったなしに人が入れ替わり、変わらざるを得ないフライブルク。しかし、少し良い兆しも見え始めた。あのバイエルンを相手に引き分けに持ち込んだのだ。激しさを増す降格争いの中で、粘りを見せるか。

スタジアム情報MAGE SOLAR Stadion
2万4000人収容。2012年1月、バーデノーヴァ・シュタディオンからメガ・ソーラー・シュタディオンに名称が変わった。欧州一芝の質が良いと、各国の選手たちが絶賛するスタジアム。

MAGE SOLAR Stadion
住所 Bürgermeister-Ulrich-Str.90, 86199 Augsburg
アクセス 路面電車3番で「Fußball Arena, Siemens II」へ
チケット 01803-019070
ウェブサイト www.fcaugsburg.de
18位
1. FC Kaiserslautern

1.FCカイザースラウテルン
1. FC Kaiserslautern

監督: Marco Kurz(42歳、ドイツ)

マルコ・クルツ監督「Rote Teufel(赤い悪魔)」と呼ばれるカイザースラウテルンのサポーターの熱狂振りはドイツでもトップレベル。過去4回のリーグ制覇は、チームの誇りで、「永久ランキング(Ewige Tabelle)」と呼ばれる、ブンデスリーガ開幕から現代までの成績を表す順位では、8位につけている。とはいえ、今季は大苦戦中。シーズンを通して白星を挙げられたのは、3試合だけ。24節終了時点でわずか16得点は、リーグ最下位の成績。その一方で、失点はなんとか抑えられている印象か。マルコ・クルツ監督(写真)は、1860ミュンヘンでのキャリアを経て、2009年から同チームで指揮を執っている。昨季7位と健闘したが、今は不調でついに最下位。このままだと「解任」の文字も。赤い悪魔が、苦悩している。

スタジアム情報Fritz-Walter-Stadion
4万9780人収容。スタジアムは、2006年W杯に合わせて改装された。昨年からは、屋根にソーラーパネルを配置。ブンデスリーガにも押し寄せるエコの波に乗った。

Fritz-Walter-Stadion
住所 Fritz-Walter-Str. 1, 67663 Kaiserslautern
アクセス カイザースラウテルン中央駅から600メートル
チケット 01805-318800
ウェブサイト www.fck.de
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines 独・英ニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 習い事&スクールガイド バナー ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター バナー

ロンドンのゲストハウス
フランクフルト都市ガイド