instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Mi. 19. Dez. 2018

春の陽気に誘われて美食を求め花の都パリへ

マロニエがパリの街路を爽やかに彩る春。
暖かい風が吹き始めるこの季節、
マルシェには色鮮やかな食材が並び、
セーヌ川のほとりは、
春の日差しを満喫するパリジャンでにぎわい始める。
そんなパリの旬を味わうべく、
とっておきのアドレスをご紹介!
(フランス・ニュースダイジェスト編集部)

滞在先を決める

アパルトマン自由で便利なアパルトマンに滞在する

滞在しながら料理や洗濯をしたり、友人を招いたり、まるで自宅に居るかのように暮らせる短期貸しアパルトマン。生活必需品も備わっているため、大きな荷物を持ち込まず、気軽に旅行できるのも魅力的だ。アパルトマンに滞在したら、マルシェで新鮮な食材を買い込み、料理に挑戦。パリジャンのような生活を体験し、自分だけのパリ旅行記をつづってみよう!

セジュール・ア・パリ
(Séjour à Paris)


仏旅行業ライセンスを保持し、滞在サポートもあるので安心して宿泊できる。法人ご利用の場合、割引あり
www.kurasutabi.net

そのほかの短期貸しアパルトマン


美食を求めて街へ

食材をマルシェで

マルシェパリ市内には約90軒の食料品を扱うマルシェがあり、舌の肥えたパリジャンたちが料理の食材を買い求める。食にこだわり、美容と健康に気遣うパリジャンに人気のビオの食材や製品を専門に扱うマルシェも数軒ある。農業大国フランスを感じさせる種類豊富な食材が並び、元気な呼び声が飛び交い、活気に溢れるマルシェ。この機会に、フランスならではの食材を試してみよう。

エスカルゴ L'escargot

エスカルゴレストランでないと食べられないのでは、と思われがちだが、マルシェでガーリック・バターとバジル・ソースの詰まったエスカルゴを買ってオーブンで温めれば、家庭で本格的エスカルゴ料理が味わえる。

白アスパラガス L'asperge blanche

白アスパラガスフランス人に大人気の春の野菜。 皮を剥いて、軟らかくなるまで 蒸し、または茹でて、生クリーム と11種類の香辛料の入ったマ スタード「サヴォラ(Savora)」、 またはムース状のムスリン・ソー スを付けて食べると絶品。

イチゴ La fraise "Gariguette"

フランス南西部で多く作られるイチゴ、ガリゲット。春を待ちわびたフランス人が大好きな、この甘酸っぱくて柔らかいイチゴをそのままかじってみよう。

アンドゥイユ L'andouille

アンドゥイユ豚などの臓物を詰めたソーセージ。地方によって作り方は異なるが、一般的に豚の内臓が約40%詰められている。フランス人を虜にする独特のくさみがあるアンドゥイユは、アペリティフとしてワインのお供に最適。

家禽(かきん)類 La volaille

ジビエジビエの季節は秋だが、ウサギなどは年中マルシェに並ぶ。小バトは、ニンジンやタマネギなどの野菜と一緒に丸ごとオーブンで焼くだけで豪華な一皿となる。

パリ市内の全マルシェ情報
marches.equipements.paris.fr

ニュースダイジェストのマルシェ情報
www.newsdigest.fr/newsfr/guide
/marche.html


うわさのマルシェ

Jöel Thiébault
Jöel Thiébaultさん
代々、野菜栽培をする一家の6代目。パリ市から8km西へ行った郊外の畑で、1500種類を超える野菜を栽培する。「パリの名店で腕を振るう日本人の料理人も大勢買いに来ます」

16区の高級住宅街にあるMarché Président Wilsonの中でも、ジョエル・ティエボー(Jöel Thiébault)は特別な八百屋さん。できるだけ自然な状態で育てた野菜を売るために、旬のものしか並んでいない。形はふぞろいだが、どれも野菜本来の香りと味がする。また種類も豊富で、世界の野菜が並び、日本の小松菜、春菊なども手に入る。パリの星付きレストランの名シェフがこぞってここの野菜を買いにやって来るほど。

水 7:00-14:30 土 7:00-15:00
Av du Président Wilson 75016 Paris
M: Iéna⑨

3つ星シェフの味を家庭で本格フレンチを学ぼう

料理教室史上最年少でミシュランの3つ星を獲得したアラン・デュカスの名を掲げたこの料理学校では、デュカスの料理の真髄を伝えるべく一流シェフによる料理の伝達が行われている。テーマごとに分けられたレッスンは英語でも開催されており、本格的な高級フレンチ料理、気軽に楽しめるビストロ料理、チョコレート菓子やマカロンなどテーマごとに分かれたコースの中から好きなものを選択。レッスンは1回4時間で、事前の予約が必要だ(インターネットでの申し込み可能)。

L'école de cuisine Alain Ducasse
64, rue du Ranelagh 75016 Paris
TEL: +33 (0)1 44 90 91 00
M: Ranelagh⑨
料金: 165€~
www.ecolecuisine-alainducasse.com/fr/cours/111-Cooking-classes-in-English

日本語で買い物できるチーズ屋さん

2006年フランスチーズ鑑定騎士最高位のグランオフィシエ勲章、08年ギルドデフロマジェの最高位メートルを取得した日本人、マダム・ヒサダが熟成させたチーズを販売。食事に合う極上のチーズをアドバイスしてくれる。

Salon du fromage HISADA
11:00-20:00、日月休
47, rue de Richelieu 75001 Paris
M: Pyramides⑦⑭
TEL: +33 (0)1 42 60 78 48

Fromagerie HISADA
火・木~土8:30-13:00/15:30-19:00、日 8:30-13:00
17, rue le Marois 75016 Paris
M: Porte de St-Cloud⑨
TEL: +33 (0)1 42 88 34 30


パリで一番おいしいバゲットを買うならここフランス大統領も食すパン

2011年にパリの最優pannya 秀バゲット賞に輝いた、
パスカル・バリロン氏のお店「オ・ルヴァン・ダントン」は、かわいい雑貨屋がひしめくモンマルトルに位置する。このバゲット賞は、毎年パリで開催され、長さ55~70cm、重さは240~310g の規定をクリアしたバゲットが、味や見た目はもちろんのこと、焼き加減、パンの身の柔らかさ、香りまでが厳密に審査される。優勝者には賞金のほか、フランス共和国大統領官邸、エリゼ宮に一年間バゲットを納める権利を獲得できるため、パン屋にとっては一大イベントだ。
ちなみにオ・ルヴァン・ダントンは菓子パン、ブリオッシュのコンテストでも2位を獲得。食事時は長蛇の列ができるため、確実に購入するためには早めの時間帯がお勧め。

Au Levain d’Antan
6, rue des Abbesses 75018 Paris
TEL: +33 (0)1 42 64 97 63
M: Abbesses⑫
7:00-20:30、土日休

ゆったりパリ観光

蚤の市

掘り出し物を探しに蚤の市へ

掘り出し物を探すのに最適な蚤の市。パリでは同じ場所で行われるものから、各地で不定期に開催されるものまで、週末を中心に様々な市が立つ。定期市の中でお勧めなのが、14区にあるヴァンヴの蚤の市「Marché aux Puces de la Porte de Vanves」。18、19世紀、アール・デコ、1950〜70年代の家具やアクセサリー、本や硬貨、絵画などを販売する380店舗がびっしりと道に並び、眺めているだけでも目の保養になる美しい商品がずらり。値段はやや高めに設定されているので、値切ることを忘れずに。

Marché aux Puces de la Porte de Vanves
7:00-13:00
Av Marc Sangnier 75014 Paris
7:00-15:00(店によっては17:00まで)
Av Georges Lafenestre 75014 Paris
M: Porte de Vanves⑬
http://pucesdevanves.typepad.com

セーヌ川を行く

バトービュスパリを東西に横切るセーヌ川。川に架かる35以上の美しく個性的な橋、レストランやバー、ディスコとしてナイトシーンも演出する船ペニッシュ、ポプラの立ち並ぶロマンティックな河岸のプロムナードなど、パリの風景にセーヌ川は欠かせない。

バトービュスで観光スポットを巡る

ストライキで町の交通がまひしたとき、通勤の交通手段としても使われた遊覧船、バトービュス(Batobus)。セーヌ川沿いにあるノートルダム大聖堂やエッフェル塔、ルーヴル美術館など見逃せない観光スポットを、水上を移動しながら巡ってみるのもお勧め。サンジェルマン・デ・プレ、ルーヴル、オルセー、植物園など、8地点が船着き場となっている。

4月6日~9月2日 10:00-21:30(20分間隔)
9月3日~4月5日 10:00-19:00(25分間隔)
1日券15€ / 2日券18€ / 5日券21€
TEL: 08 25 05 01 01(フランス国内から)
www.batobus.com

ブーローニュの森で深呼吸

新鮮な空気が吸いたくなったら、パリの西端に広がるブーローニュの森が最適。かつて貴族たちが狩猟を行っていた846ヘクタールの広大な森には野生植物も茂る。競馬場や人工池などもあり、週末にはサイクリングやボート遊び、ピクニックを楽しむ家族も多い。

バガテル公園バガテル公園

ブーローニュの森の一角にあるバガテル公園には、1905年に設計されたバラ園があり、春から夏にかけて1000種以上、約1万本のバラが咲き乱れる。毎年6月には新種のバラの国際コンクールが行われる。

Parc de Bagatelle
9:00-20:00
入場料5€
Route de Sèvres-à-Neuilly 75016 Paris
M: Porte d'Auteuil ⑩、Porte Maillot ①からバス
TEL: 3975(フランス国内から)

おみやげに

カルーゼル・デュ・ルーヴルに海外初のショップをオープン
DELFONICS PARIS LOUVRE

DELFONICS PARIS LOUVRE日本発のデザインステーショナリーショップ。ノート、アルバム、筆記具などの定番商品に加えてデスクトップ小物や旅行に便利なポーチ類も豊富。高感度のデザインと機能性を併せ持った商品は、素材のクオリティーと、美しいカラーバリエーションもあいまってパリジャンやインターナショナルな旅行者たちを既に魅了し始めている。プレゼントに、自分へのご褒美に、ぜひ立ち寄りたいお店。

DELFONICS PARIS LOUVRE
10:00-20:00
Carrousel du Louvre 99, rue de Rivoli 75001 Paris
M: Palais Royal-Musée du Louvre ①⑦
TEL: +33 (0) 1 47 03 14 24
www.delfonics.fr
www.facebook.com/delfonics.france

パリの高級パレスホテル「ジョルジュ・サンク」御用達の厳選茶葉を
寿月堂

寿月堂1854年創業、海苔の老舗丸山海苔店が始めたお茶ブランド寿月堂。日本人建築家、隈研吾が店舗設計した竹をベースとした和の雰囲気を堪能できるパリ店では、有名高級ホテル「ジョルジュ・サンク」のティー・サロン御用達、100%日本産の厳選されたお茶が数多くそろう。チョコレートの貴公子クリスチャン・コンスタン氏とのコラボレーションによるパリ店限定の抹茶サブレや玄米茶サブレ(各10€)、しょうが紅茶なども人気。ヨーロッパ各国への配送可能なオンライン・ショッピングも可能。

JUGETSUDO
11:00-19:00 日祝休
95, rue de Seine 75006 Paris
M: Odéon ④⑩、Mabillon ⑩
TEL : +33 (0) 1 46 33 94 90
www.jugetsudo.fr

  • アフィニティ・フランス
  • ワタベウェディング
  • ACT送迎サービス

パリでぶらりと芸術に親しもう


 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー 2019年カレンダー販売

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス
フランクフルト都市ガイド