Facebookツイッター

Oliver Was­ser­mann
Mi. 26. Sep. 2018

待ちに待った春がやって来て、
ぶらりとどこかへ出掛けたい気分にさせられる。
初めて訪れる街で観光名所をめぐるのも良いけれど、
都市の魅力は街角の小さな路地にも隠れている。
今号では、ベルリンで人気の3つの街区
「ミッテ」「プレンツラウアー・ベルク」「シェーネベルク」の中から、
のんびりと回れる普段着の街めぐりスポットをご紹介しよう。
(文・写真: 見市 知)

-----

MitteMitte ミッテ

その名もベルリンの「中心」を意味する街区ミッテ。かつてはベルリン宮殿などが建ち、ベルリンの主な行政機能を担っていたこの街区は、東西ドイツ統一後、再び華やかな中心地へと返り咲いた。そんな賑やかな大通りから少し奥へ入ると、中庭空間には小さなアートスポットやカフェがいっぱい。若いエネルギーに溢れたアートの街ベルリンの心臓部を体感できる。

フェルト工房 HUT Up Berlin1. フェルト工房
  HUT Up Berlin

ミッテに多い、いくつものお店が密集する中庭空間の1つ、ヘックマン・ヘーフェ(Heckmann Höfe)の一角にあるフェルト・デザイン工房。帽子デザイナーだったクリスティーネ・ビルクレさんが作るフェルト製のドレスや小物の数々は、手作りの温かみと洗練されたデザインセンスが光る芸術品。

11:00~19:00(日曜休み)
Oranienburger Str.32, 10117 Berlin (Heckmannhöfe内)
www.hutup.de

KW2. 現代アートギャラリー KW

もともとマーガリン製造工場だったという建物を改装した、現代アートのギャラリースペース。中庭空間に建つガラス張りのカフェも、まるでアート作品の一部のよう。天気の良い日は、ここで日向ぼっこしなが らアート空間を楽しめる。

12:00~19:00 木12:00~21:00(月曜休館)
Auguststr.69, 10117 Berlin
www.kw-berlin.de

旧ユダヤ人女学校3. 旧ユダヤ人女学校
  Ehemalige Jüdische Mädchenschule

今はギャラリー街に変貌しているアウグスト通り(Auguststraße)だが、戦前はユダヤ人街だったそう。この通りにある、もともとユダヤ人女学校だった建物が、今年改装されてギャラリー空間に様変わり。往時の雰囲気を残しながら、現代アートや写真のギャラリーとレストランが入っている(ギャラリーは月曜休館)。

Auguststr.11-13, 10117 Berlin
www.maedchenschule.org

カフェ・バルコミス4. カフェ・バルコミス
  Cafe Barcomi's Deli

ゾフィー・ギプス・ヘーフェ(Sophie-Gips-Höfe)と言う中庭空間に、都会のオアシスのようなカフェを発見。焙煎から行なっている本格派の自家製コーヒーと、甘さ控えめで上品な味のスイーツが美味しい。コーヒー好きの方ならば、ぜひエチオピア・コーヒーで入れたモカ・マキアートを。

9:00~21:00 日祝10:00~21:00
Sophienstr. 21, 10178 Berlin
(Sophie-Gips-Höfe内)
www.barcomis.de

5. シアター空間
  Sophiensaele

シアター空間レンガ造りの建物の入り口正面に刻まれた「手工業者連盟(Handwerkerverein)」の文字。古い町工場跡を改装したゾフィーエンゼーレ は演劇、ダンス、パフォーマンスなどフリーのシアタープロジェクト用に開放されているシアター空間だ。若いアーティストを惹き付ける街、ベルリンを象徴する場所の1つ。

Sophienstr.18, 10178 Berlin
www.sophiensaele.com

-----

Prenzlauer BergPrenzlauer Berg プレンツラウアー・ベルク

ミッテから東へ進むと、そこに広がるのはプレンツラウアー・ベルク。ここは少子化問題が叫ばれているドイツの中にありながら、ヨーロッパでも屈指の出生率の高さを誇る街区だ。そんな場所柄を反映してか、この街区には子どもにやさしいエコなものに出会う確率がとても高い。生活者目線で歩いてみると、楽しい発見がたくさんありそう。

6. カレーソーセ―ジ
  Konnopke’s Imbiss

フェルト工房 HUT Up Berlin「ベルリンに来たら、これを食べなきゃ始まらない!」という名物が、カレーソーセージ。コノプケス・インビスでは、ソーセージは「皮なし(ohne Darm)」のみ。その始まりは、物不足だった戦後、腸詰めにする皮がなくビニールで包んでソーセージを作ったことだそう。カレーソーセージとフライドポテトの組み合わせ(Kleines Menü)で3.20ユーロ。

10:00~20:00 土12:00~20:00(日曜休み)
Schönhauser Allee 44b, 10435 Berlin (地下鉄U2高架下)
http://konnopke-imbiss.de

VEB Orange 東ドイツ雑貨の店  7. 東ドイツ雑貨の店
 VEB Orange

レトロでゆるいデザインの東ドイツ雑貨を探すならここ。東ドイツ時代の画一的なデザインながら、バウハウスを思わせるシンプルなセンスが光る、食堂車「Mitropa」の食器などが並ぶ。お店のある場所も、かつて壁が立っていたところの真横という、臨場感溢れるロケーション。

10:00~20:00(日曜休み)
Oderberger Str.29, 10435 Berlin
www.veborange.de

8. エコ・マーケット
  Öko Markt

エコ・マーケット毎週木曜日の12:00から開かれている エコ・マーケット。近郊の自然栽培農家で取れた野菜や自然派パン屋さんの パン類、フェアトレードのコンセプトの下でつくられた小物などが手に入る。屋台の飲食物もすべてエコ。小さな子ども連れでも安心して楽しめる。

毎週木曜12:00~19:00
Am Kollwitzplatz, 10435 Berlin

子どもカフェ  Kieztkind Berlin9. 子どもカフェ
 Kiezkind Berlin

児童公園の中にある、小さな子ども連れのためのカフェ。カフェの中に砂場があったり、絵本がたくさん置いてあったりと、子どもを遊ばせながら大人ものんびりくつろげる。ホームメード風のホットサンドやケーキがお勧め。「子ども用ミルク=50セント」というメニューも気持ちを和ませる。

9:00~19:00
11月〜2月 12:00〜19:00
Helmholtzplatz 1, 10437 Berlin
www.mein-kiezkind.de

給水塔10. 給水塔
  Wasserturm

このエリアのアイキャッチとなっている古い給水塔。今では内部が改装され、アパートになっている。ケルンには給水塔を改装したデザイン・ホテルがあるけれど、そもそも給水塔は水を貯めるために建築の造りがしっかりしているので、家として利用するには理想的なのかも。

Knaackstr./Belforter Str., 10405 Berlin

-----

SchönebergSchöneberg シェーネベルク

旧西ベルリン側にあるシェーネベルクは高級過ぎず、かと言って奔放過ぎてもいない、ちょうど手頃な中間のエリアと言えるかもしれない。市の中心部に近く、古き良き西ベルリンの風情が残っている。かつてはアンティークショップや古本屋が多く建ち並んでいたという通りの周辺に、素敵な カフェやお店がひしめいている。

11. チョコレートショップ
  Winterfeldt Schokoladen

チョコレートショップ Winterfeldt Schokoladenまるで映画『ショコラ』(2000年、ラッセ・ハルストレム監督) に出てくるような本格的なチョコレート屋さん。古い薬局を改装した店内のインテリアがロマンチックな雰囲気を演出している。ホットチョコレートの種類はいくつかあるけれど、カカオ70%のビオ・チョコレートをホットミルクで溶いた「ヴィンターフェルト風(Winterfeldt)」がお勧め。

9:00~20:00 土日9:00~18:00
Goltzstr.23/Ecke Pallasstr., 10781 Berlin
www.winterfeldt-schokoladen.de

カフェ・ゾルゲンフライ Sorgenfrei12. カフェ・ゾルゲンフライ
  Sorgenfrei

古いお肉屋さんの店舗を使った雑貨屋兼カフェ。ヴィロライ&ボッホ社の古いタイルの壁は一見の価値あり。このカフェの名前 「Sorgenfrei」は、「憂いなし」という意味。古き良き時代の雰囲気にのんびりと浸れる不思議な空間だ。

12:00~19:00 土10:00~18:00 日13:00~18:00(月曜休み) Goltzstr.18, 10781 Berlin
www.sorgenfrei-in-berlin.de

古本屋さん Antiquariat Schend13. 古本屋さん
  Antiquariat Schend

かつては古本屋街だったというヴィンターフェルト通りの中で、今では数軒が残るのみという貴重な古本屋さんのうちの1軒。ベルリンにちなんだおもしろい古書が見付かる。オーナーのシェントさんが密かに力を入れている古いレコードのコレクションもあり、 何かを探し始めたら、ここで延々長居できてしまいそうな予感が・・・・・・。

10:00~19:00 土10:00~18:00(日曜休み)
Winterfeldtstr.54, 10781 Berlin

ナチュラル・コスメの店 Ca l la Sorgenfrei14. ナチュラル・コスメの店
  Calla

ドクター・ハウシュカやヴェレダなど、ドイツはナチュラル・コスメの宝庫。そんなナチュラル・コスメに特化した商品が集まるお店がここだ。店内の奥のスペースでは、ドクター・ハウシュカのフェイシャルエステも行なっているので、癒しが必要な方はぜひ!

10:00~19:00 土10:00~18:00(日曜休み)
Winterfeldtstr.38, 10781 Berlin
www.calla-naturkosmetik.de

15. ファラフェル屋
  Habibi

ファラフェル屋 Habibiファラフェル(Falafel)とは、すり潰したひよこ豆に ハーブや香辛料を加えて揚げたコロッケのこと。ヘルシーかつボリューム満点で、ドネルケバブの向こうを張って人気のあるオリエンタルフードだ。揚げた野菜の盛り合わせ「Makali」とファラフェルを併せた「Makali Teller 2」は、5.50ユーロとお得な値段。

11:00~翌3:00 金土11:00~翌5:00
Goltzstr. 24, 10781 Berlin

ベルリンで食べる

ベルリンの人気エリアをめぐる小さな旅を終えたら、ほっと一息お食事タイム。
ご紹介したスポットから徒歩で行ける、とっておきのレストランをご案内します。


街で一番ホットな隠れ家ダイニング
Bar Tausend / Tausend Cantina

Bar Tausend / Tausend Cantinaフリードリヒシュトラーセ駅すぐ側の高架下、周囲に看板もライトもない無機質なコンクリートの扉を開ければ、目の前に広がるのはガラスやスチール、アーティスティックな調度品で飾られた近未来的な空間。シックに着飾った男女が集うダンス・バーを抜けて奥へ進むと、和食と南米料理を提供するレストランが現れる。今、ベルリンで最もホットな ナイトスポットと評されるこのダイニングのコンセプトは、「1つのテーブルの上で交差する2つの文化」。最高級のマダラや刺身サラダ、フォアグラリゾットなど、単なる創作料理とは一線を画す新感覚の絶品料理をご堪能あれ!

火~土 バー:21:30~ レストラン:19:30~オープンエンド
※週末は完全予約制
TEL: 030-27582070
Schiffbauerdamm 11, 10117 Berlin
www.tausendberlin.com

食材にこだわった本格日本料理
Gingi’s Izakaya

Gingi’s Izakaya居酒屋と言えば、1日の疲れを癒し、次の日に向けてエネルギー補給をする場所。ベルリンで、そんな純日本的な寛ぎのひと時を味わえるレストランが、Gingi’s Izakayaだ。メニューには創作巻き寿司のほか、魚介を中心とした日替わりの「Japanische Tapas(おつまみ)」が豊富に並ぶ。腕利きのシェフが毎日市内の魚市場から鮮度や産地、飼育環境を吟味して仕入れた高級食材のみを用いて作る料理はどれも、心に染み入る本格的な日本食の味わい。和の雰囲気漂う落ち着いた店の内装も日本人の郷愁をくすぐる。夏場は緑豊かな屋外テラスで、のんびりと晩酌するのがお勧め。

17:30~23:30
TEL: 030-44049397
Rykestr.45, 10405 Berlin
www.gingis-izakaya.de


より大きな地図で ベルリン - 小さな旅スポット を表示
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
日本メディカルセンター バナー バナー 習い事&スクールガイド バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス
フランクフルト都市ガイド