instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Di. 21. Mai. 2019

ドイツの街めぐり 第2弾 ベルリン エコ&

ドイツで暮らしていると、エコなモノ、社会性を重視したモノにしばしば出会う。
この国でエコが一過性のブームに終わらないのは、思想に裏打ちされた
長い歴史があるからと言えよう。
モノを大切にする、自然とともに生きる……
シンプルなコンセプトだが、 大切なのは単にそうしたいと思うだけでなく、
実際それに従って生きているかどうかということ。
人々の日常生活の中に根付くエコと社会性。それをベルリンの街中で探してみた。
(文・写真:見市 知)

-----

食品 Lebensmittel

1.  前日のパンを売るお店
Second Bäck Second Bäck

ベルリンには、究極のセカンドハンド・ショップが存在する。それがこの「Second Bäck」、パンのセカンドハンドのお店だ。通常、パン屋さんに並ぶ商品は、その日の焼きたてのパンのみで、ライ麦パンや黒パンなど1週間は美味しく食べられるものであっても、前日の売れ残りは商品棚から取り除かれる。そこに着目したのが同店のオーナー。エコ・ベーカリーとホームベーカリーの4つのパン屋と契約し、前日に売れ残ったパンを買い付けて、定価の40~50%の値段で販売している。先頃、同じプレンツラウアー・ベルク地区内に2号店もオープンした。

7:30-19:30 土9:00-16:00 ※日曜休み
Raumerstr. 38, 10437 Berlin
最寄駅:EberswalderStr. (U2)
Tel: 030-41722830

Apfelgalerie2.  産地直送のリンゴ屋さん
Apfelgalerie

おしゃれなカフェが立ち並ぶゴルツ通り(Goltzstraße)の一角、 ガラス張りのシックな外観のお店はその名も「アプフェルガレリー」、リンゴのギャラリーという意味だ。オーナーのカティ・シェルヌスさんの実家は、フランクフルト・アン・デア・オーダーにある果樹園。そこから直に仕入れたリンゴを販売している。新旧の品種を取り混ぜ、多い時には10数種類のリンゴが店頭に並ぶ。リンゴのほかにも季節の果物や野菜、地元養蜂農家のハチミツなどが手に入る。毎回行くたびに品ぞろえが異なり、季節感をしっかり感じられるのも、このお店の大きな魅力。

11:00-19:00 土11:00-15:00 ※日曜休み
Goltzstr. 3, 10781 Berlin
最寄駅:Eisenacher Str. (U7)
Tel: 030-44705630
www.apfelgalerie.de


3. ベルリン発、自然派スーパー
  Bio Company

Vergissmeinnicht

1999年にベルリン・シャルロッテンブルク地区にオープンし、今やベルリン、ブランデンブルク、ハンブルク、ザクセン州に計32店舗を構える自然派プロダクト専用のスーパーマーケット。広々とした店内には、エコ農法で栽培された野菜や果物のほか、乳製品、肉類、お茶、お菓子、化粧品などなど、多彩な商品が並び、店舗の入り口にはエコ・ベーカリーのカウンターとカフェ・コーナーも併設されている。定期的にエコ農家を訪ねるバスツアーも実施しているそう。ここに一歩足を踏み入れた瞬間から、あなたのエコライフが始まってしまうかも。

8:00-20:00 
日8:00-12:00(パンコーナーのみ営業)
Hauptstr. 31/32, 10827 Berlin
最寄駅: Eisenacher Str. (U7)
Tel: 030-531441420
www.biocompany.de

-----

カフェ&レストラン Cafés & Restaurants

Café -Restaurant Pinelli4. 癒しと共生のカフェレストラン
  Café -Restaurant Pinelli

Sバーンのシェーネベルク駅構内にあるカフェ・レストラン。古いレンガ造りの建物の中にある落ち着いた雰囲気のこのお店では、リーズナブルで美味しい料理やホームメイドのケーキを堪能できる。実は、ここで働くスタッフの多くは何らかの精神疾患を抱えた人 たち。サポート・スタッフによる協力体制の下、同店は癒しと共生の場所として機能している。カフェ経営と並行してアートプロジェクトなども行われており、店内では定期的に入れ替わるアート展示が楽しめる。せわしない現代社会のリズムと対照的な、ゆったりとした空気が店内には流れている。

8:00-24:00 月16:00-24:00 
土18:00-24:00  ※日曜休み
Ebersstr. 67, 10827 Berlin
最寄駅:Schöneberg (S)
Tel: 030-78792917

Frittiersalon5. エコ・カレーソーセージ
  Frittiersalon

ベルリン名物のカレーソーセージ。この究極のファストフードをエコ食材で作っているお店が「フリティーアザロン」だ。ポテトからソーセージ、ケチャップソースに至るまで、材料はすべて自然派農法によるものを使用。注文してからポテトを揚げるので、5~10分くらいは待たされる。細切りでひょろひょろのポメス(フライドポテト)、味わい深い焼きソーセージ、高級なドミグラスソースを思わせるお手製ケチャップソース……すべてに手間を掛け、心を込めていることが伝わってくる。カレーソーセージとポメスのセットメニューで4,90ユーロ。ドリンクは、リンゴとクランベリー、生姜の入った自家製レモネード「フリトナーデ」がお勧め。

13:00-24:00
Boxhagener Str. 104, 10245 Berlin
最寄駅:Frankfurter Tor (U5)
Tel: 030-25933906
www.frittiersalon.de

Lucky Leek6. ヴィーガン御用達レストラン
 Lucky Leek

肉類を一切食べないベジタリアンの存在が一般的になりつつあるドイツで、さらにその上 を行くヴィーガンも密かに増えているらしい。そんなトレンドを反映して2011年、プレンツラウアー・ベルク地区に登場したのがヴィーガン・レストラン「ラッキー・リーク」。ヴィーガンとは、動物性食品を一切摂らない人たち のこと。つまり卵も乳製品もNO。「ラッキー・リーク」のオーナーシェフ、ジョシタ・ハルタントさんは『Vegan Genial』という料理本を発行しているカリスマ・ヴィーガンシェフ。「ヴィーガン」と聞いて思い浮かべるストイックなイメージからはかけ離れた、華やかでクリエイティブな料理が楽しめるレストランだ。

18:00-23:00 ※月火休み
Kollwitzstr. 54, 10405 Berlin
最寄駅:Senefelderplatz (U2)
Tel: 030-66408710
www.lucky-leek.de

-----

ショップ Shops

7. 福祉施設として発展したブラシ工房MUTTERLAND
 DIM 26

昔懐かしい「街の道具屋さん」を思わせる佇まいのお店「DIM 26」。併設のブラシ工房は、視覚障がい者福祉施設として100年 以上の歴史を持つ。ドイツでは、ブラシ作りは伝統的に視覚障がい者の手工業として発展してきたが、同工房では現在、精神障害者の人たちも多く作業に従事しているという。1998年に同工房とドイツを代表するプロダクトデザイナー、Vogt + Weizenegger とのコラボレーションによって生まれた、クマやブランデンブルク門をかたどったブラシは有名。ブラシ以外にも、木製や紙製手工芸品などを販売。店内にはカフェが併設されている。

10:00-19:00 土11:0-0-16:00 ※日曜休み
Oranienstr. 26, 10999 Berlin
最寄駅:Görlitzer Bahnhof (U1)
Tel: 030-285030121
www.dim-berlin.de

Koppel 668. 中古と新品のおもちゃを売るお店
  Onkel Philipp’s
Spiel zeugwerkstatt

「クリスマスやお誕生日におもちゃをたくさんもらい過ぎたら、持ってきてね」。オーナーのフィリップさんは小さい子ども連れのお客さんに、人懐っこい笑顔でそう言う。そんな余ったおもちゃや使い込まれたおもちゃが集まるお店が、この「フィリップおじさんのおもちゃ工房」。フィリップさんは 大学で環境工学を学んだ後、リサイクリングの理念を実践したくて同店を始めた。旧東側のプレンツラウアー・ベルク地区という場所柄、今では生産されなくなった貴重 な東ドイツ時代のおもちゃなどもあり、お 店の地下室を利用してコレクションの展示も行っている。

9:30-18:30 木11:00-20:00 土11:00-16:00 
※日月休み
Choriner Str. 35, 10435 Berlin
最寄駅:Eberswalder Str. (U2)
Tel: 030-4490491
www.onkel-philipp.de

EuroWeinKontor9. 古い家具を使った額縁
 Luxad

オーナーのアンドレアス・ダヴィッドさんは写真家で、店舗の奥は小さな写真館となっている。そして、お店の表側で最も多くのスペースを占めているのが、ユニークな木製の額縁。南アフリカで使われなくなった古い家具を解体して得た木材を、リサイクリングして額縁に仕立てたもので、まるで1つひとつがアート作品のように個性を放っている。かつては 窓枠だったり、テーブルだったりしたものが、額縁に生まれ変わったというそのヒストリーが、観る人を魅了せずにはおかない。店内の一角では随時、この額縁を活用した写真展も行われている。

10:00-19:00 土12:00-18:00 ※日曜休み
Mommsenstr. 42, 10629 Berlin
最寄駅:Wilmersdorfer Str. (U7)
Tel: 030-39746901
www.luxad.de


-----

より大きな地図で エコ&社会派のベルリン を表示
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 習い事&スクールガイド ロンドンのゲストハウス 日本メディカルセンター

ロンドンのゲストハウス
フランクフルト都市ガイド