JAL
So. 26. Jun. 2022

旅ールのすすめ - ビールに会いに旅に出よう

山片 重嘉コウゴ アヤコ 1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた“旅ール(タビール)をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』(ワイン王国)、『ビールの図鑑』(マイナビ)、『Coralway』(日本トランスオーシャン機内誌)など、さまざまなメディアで執筆。
www.jbja.jp/archives/author/kogo

メルヘン街道の先にあったのは世界のマーケット

ハンザ同盟都市として中世にはハンブルクに次ぐ港町として栄えたブレーメン。その繁栄を物語る美しい建物が数多く残り、中でもゴシック様式とルネサンス様式の調和が見事な市庁舎と、自由と独立の象徴であるローラント像は、ユネスコの世界文化遺産に登録されている。

グリム童話ゆかりの地を結ぶメルヘン街道の終着地は、市庁舎脇にある「ブレーメンの音楽隊」の像である。童話の中で音楽隊になるべくブレーメンに向かった4匹の動物たちだが、途中泥棒たちから奪った家に安住してしまうので街に到達していない。しかしブレーメンに「出稼ぎ」に来ていたかもしれないと考えると面白い。音楽隊をイメージしたユニークなモニュメントやお土産店がそこかしこに見付けられる。ブレーメンは彼らが夢見たとおり明るく活発な街なのだ。

街のもう一つの名物、ベックスの前身となる醸造所Kaiserbrauerei Beck&May o.H.G.は、醸造家のハインリヒ・ベック(Heinrich Beck)らが1873年に創業。創業から2年で世界博覧会でゴールドメダルを獲得するなどブレーメンを代表する醸造所であったが、経営者も社名も次々と変わり、2002年にはベルギーのインターブリューによって買収される。インターブリューは2004年にブラジルのアンベブと合併しインベブに。2008年にはバドワイザーで知られる米アンハイザー・ブッシュを買収し、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(Anheuser-Busch InBev)として業界最大手に。さらに2016年に業界2位の英国SABミラーを買収し、ビール飲料の世界シェア3割を占めるまでになった。バイエルンのシュパーテン・フランチスカーナもこの傘下だ。巨大な販路を得たベックスは世界90カ国以上で飲まれるドイツを代表する銘柄に飛躍した。

ホップの爽快な苦みと炭酸がしっかりと感じられる。カラカラに乾いた喉にゴクゴクと流し込みたくなるビールだ。

vol. 15
BECK'S

https://becks.de

BECK'S

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
17 Juni 2022 1172号
特集:この夏は
ドイツの海へ出かけよう
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作