instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Do. 19. Sep. 2019

ラッド英雇用相、辞任=首相に抗議、政権動揺-EU離脱 

【ロンドン 9月8日 時事】ラッド英雇用・年金相は7日、ジョンソン首相の欧州連合(EU)離脱方針や強権的な政治手法に抗議し、辞任した。首相に対し「(EUと)合意して離脱することが政府の主要な目標とはもはや思えない」と批判している。

首相の実弟のジョー・ジョンソン科学担当相も5日に辞任したばかりで、政権内の動揺はさらに広がる可能性がある。

ラッド氏は、離脱後もEUとの緊密な関係の維持を目指す穏健派の大物で、メイ前首相を支えた。EUとの物別れも辞さない強硬派のジョンソン首相とは早晩、亀裂が生じるとみられていた。
 
ラッド氏はツイッターに辞表を公表した。首相に関し、「合意なき離脱」を見据えた準備には力を入れる半面、EUとの離脱合意案を取りまとめる努力は怠っていると指摘した。
 
首相は、「合意なし」阻止を狙う野党に協力したハモンド前財務相ら与党・保守党の穏健派議員21人を追放処分にした。ラッド氏はこの対応についても「良識と民主主義に対する攻撃」「政治的な破壊行為」と強く非難している。
 
その上で、今後は党を離れ、無所属となった21人と行動を共にすると英紙とのインタビューで表明。首相との決別を宣言した。 
 
政府・与党内にはラッド氏やハモンド氏のような穏健派がまだ何人もいる。年内に前倒し総選挙が行われる公算が大きくなる中、相いれない主張を掲げるジョンソン首相に付き従うか、かつての同志の後を追うか、判断を迫られそうだ。
 
首相は「何があっても10月末の期限までに離脱する」と訴えて7月に就任した。しかし、離脱期限を来年1月末に延期する法案が野党などの賛成で上下両院を通過、9日に成立する見通しだ。採決の過程で造反議員を粛清し少数与党となり、ジョンソン首相は政治の主導権を失いつつある。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines
バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択