instagram Facebookツイッター
TK Techniker
Fr. 25. Sep. 2020

ソーシャルツーリズムにNO! EU出身者の生活保護は5年後から

(10月21日)EU加盟国出身の外国人が失業状態にある場合、生活保護(HartzIV)の受給資格を得られるのがドイツに滞在して5年後からとする法案を連邦政府が可決した。EU加盟国出身者には、ドイツにおける滞在や就労が認められており、これまで滞在期間が6カ月以上になると社会保障を得る権利も認められていた。

このため、経済状態の悪いブルガリアやルーマニアなどから、これを目当てにドイツへやってくる「ソーシャルツーリズム」が問題視されていた。エッセン社会裁判所の発表によると、現在職探し状態にあるEU加盟国出身者の数は国内全体で13万人に上り、これが自治体財政を圧迫していると指摘されている。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
18 Sep 2020 1130号
特集:Japan Woche
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 バナー

Japan Woche
デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択