instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Di. 18. Dez. 2018

輝け、原石たち
日本を飛び出し、ドイツで切磋琢磨する "若き血潮" を紹介します。

Eメール 印刷
松岡賢史さん 松岡賢史さん
1980年 埼玉県比企郡川島町生まれ
2003年 東京農業大学 農学部卒業
2003年~ ワーキングホリデーを利用し、渡独。
ハンブルクのサッカーチームに所属
2004年 Deutsche Sporthochschule Kölnの語学コースで大学 入学の準備を始める
2006年 Deutsche Sporthochschule Köln入学
2008年 ケルン在住、S.C. Fortuna Köln所属
サッカーの指導者C級ライセンス取得を目指して大学で学ぶ。所属するサッカーチーム「Fortuna Köln」で選手としてプレーをする傍ら、小学生チームのコーチとして研修中。

「サッカーが自分をここまで連れてきてくれた」という松岡賢史さんは、自身がサッカーを通して感じてきたこと、得てきたものを子どもたちに伝える挑戦を始めた。

サッカーのコーチをしていた父の影響で小学3年生の頃からサッカーボールを蹴り始めた松岡さんは、ゴールを揺らす快感、ボール1つから広がる人との出会いを重ね、サッカーをしていると楽しいことがたくさんあると感じるようになったという。ドイツでプレーをするに至る経緯もまさにサッカーが繋いだ人脈の賜物だ。大学生の頃、地元埼玉に独日スポーツ交流のために16~20歳のサッカー少年たちがハンブルクからやってきた。その時に受け入れ側の団体に所属し、彼らと交友を深めた。大学を卒業する頃、ドイツでサッカーをしたいと考えた時、当時知り合った少年たちに連絡をとると、すぐにハンブルクのサッカーチームを紹介してもらえるという話しがまとまり、念願叶ってドイツでプレーする機会を与えられる。

ハンブルクで1年間プレーをした後に指導者への道を目指したのは、「サッカー」に感謝する気持ちが生まれたから。もはやサッカーボールがなかったら自分の人生はドイツまで転がってこなかったと言う彼は、これからボールに触れる子どもたちにも、サッカーを通していろんな経験をさせてあげられたらと語る。

サッカーの魅力は何かと尋ねると「フィールドの上は予想外なことの連続」と目を輝かせた。フィールドはキャンバスでゴールまでの道のりをどう描くかは自由、各プレーヤーによって全然違う絵になるし、絶対に成功する描き方もない、そこが面白いという。

今後の目標は、「サッカーを始めたばかりの子どもたちに試合の面白さを味合わせてあげたい、まずは1勝すること!」と、子どもたちとの二人三脚の戦いは始まったばかり。

(編集部:高橋萌)

子供たちも真剣そのもの
ボールの蹴り方から教える。子どもたちも真剣そのもの

年の差も国の違いも関係ない
フィールドの上では年の差も国の違いも関係ない

スタミナと技術でドイツ人との体格の差 を埋める
スタミナと技術でドイツ人との体格の差を埋める
Information

S.C. Fortuna Kölnは1948年にケルンで創設されたチーム。過去にはブンデスリーガ1部に昇格したこともあり、2000年までは同2部に所属していた実績を持つ、伝統あるサッカーチームの1つ。現在 S.C. Fortuna Köln1軍はNRWリーガ、松岡さんがプレーをする2軍はKreisリーガAで活躍している。チームは他に女子チームやジュニアチームも所有している。ケルンのSüdstadionがホームスタジアム。

S.C. Fortuna KölnS.C. Fortuna Köln
TEL: 0221-3604241
住所: Am Vorgebirgstor 2, 50969 Köln
www.fortuna-koeln.de

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー 2019年カレンダー販売

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス