instagram Facebookツイッター
Hautarztpraxis Dr Chen プライベート皮膚科診療院 Dr. チェン
Fr. 14. Dez. 2018

輝け、原石たち
日本を飛び出し、ドイツで切磋琢磨する "若き血潮" を紹介します。

Eメール 印刷
1981年 岡山市生まれ
2002年3月~ 東北芸術工科大学 美術史・美術保存学科を中退後、果樹農家、建築板金屋で勤務
2003年~ 岡山のパン屋に2年間勤務
2006年 渡独、ボーフムでパン職人になるための職業訓練を始める
2008年 職人(ゲゼレ)資格取得。日本のパン屋で半年間勤務した後、再び渡独
2009年~ マイスター資格取得。Bäckerei Baierに勤務
アルバイトとして気軽な気持ちで門を叩いたパン屋の世界。どっぷり浸かって、トップの成績でマイスター試験に合格。尽きないパンへの情熱を胸に、最高のパン作りを目指す。

『天職』とは、どんな経緯で巡り合うかわからないものだと教えてくれたのは、パン職人の日高晃作さん。パン職人になろうと思ったきっかけは? というお決まりの問いかけに、「ギターが好きで・・・・・・」と、自分の道を模索していた時代にタイムスリップする必要があったことも彼の苦悩を物語っている。

もの作りに携わる仕事に興味があり、ギター職人の道も考えたが、行く末の食い扶持(ぶち)を心配して美術品の修復・保存を学ぶ大学に進学した。でも、何かが違う。大学を中退し、自分を試す中でその瞬間は訪れた。近所のパン屋さんで早朝の仕込みのバイトを募っていたのだ。「やってみると、パンを作るという作業がすごく自分に合っていることに気が付いた」という。

本腰を入れてパン屋での仕事を開始し、信頼できる師匠に付いた。厳しい仕事にも慣れてきた頃、欲が出てきた。「ヨーロッパに行きたい」これは、10代の頃から抱いていた淡い憧れ。「ドイツでパン職人としての腕を磨けたら、昔の夢も今の夢も叶えられて一石二鳥」、日本を離れる覚悟はできた。

しかし、小さな街のパン屋で丁寧にパン作りを学べるはず、との予想に反して見習いとして配属されたのは巨大な製造工場。単調な流れ作業が続き、ドイツに来た意味を見失いそうになる。ここで工場のシェフの情熱までも見逃していたら、今の日高さんはないだろう。良いパンとは何か、素材や製造方法について議論を重ね、実践を繰り返す日々の中で多くのことを学んだ。

ゲゼレ試験、マイスター試験と続けて合格。もちろん、すべてが順調に進んだわけではなく、ビザの取得に関しては、運に恵まれなかったとも言える。しかし、マイスターとしての技術と知識、そして自分の願いを1つずつ叶えてきた達成感に裏打ちされた笑顔に迷いはない。ほかの職人を導く立場にある今、まずは職場で自分の力量を認めてもらうこと。そこから日高さんの新しい挑戦が始まる。

(編集部:高橋 萌)


ブレッツェルを作る日高さん



美しく焼きあがったブレッツェル


マイスター試験の実技で作ったパンとお菓子。
ディスプレイにも工夫を凝らす。


晴れて「マイスター証書(Meisterbrief)」を授与された瞬間

Information

日高さんのマイスターとしての初めての職場は、南ドイツの田舎町ヘレンベルクにある老舗パン屋さん『バイアー』。創業1835年にして6代目のシェフ、ヨへン・バイアーさんは、お菓子とパンの両方でドイツのチャンピオンに輝いた腕の持ち主。地元の人に愛され続ける理由は、確かな味と信頼にあり!

Bäckerei Baier
Bronngasse 18, 71083 Herrenberg
www.baecker-baier.de

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー 2019年カレンダー販売

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス