instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sa. 19. Okt. 2019

テイスティング

Eメール 印刷

ドイツワインは、ドイツワインであるというだけで、これまでちょっと損をしていました。大量生産の、安価で深みのない甘口ワインのイメージがあまりにも強すぎて、ドイツワイン全体がそのようなものだと誤解されていたのです。ひょっとすると現在もなお、そのようなイメージを抱かれる方がおられるしれません。誤解や先入観を取り払う最良の方法は、テイスティングに尽きるでしょう。レストランなどで提供しているグラスワイン、ワインショップでの試飲、あるいはお祭りなどのイヴェントのワインスタンドで、未知のドイツワインを見つけたら、ぜひ試してみてください。

本格的なテイスティングでは、外観、香り、味の3つのステージをそれぞれ評価します。外観は色のニュアンスと透明感などを、香りはその強弱、クリーンさ、質などを、味も、やはりその強弱、クリーンさ、質、加えてタンニンの状態、後味の長さなどを確認します。こうした基本的なチェック事項のほかに、ワインが具体的にどんな色で、どんな香りや味がするか、全体の調和がとれているかなど、気づいたことをメモします。

香りを表現するとき、アロマ(Aroma)やブーケ(Bukett/ブケット)という用語を使うことがあります。この二つの用語は同じ意味で使われていることがあり、ドイツのワイン辞典では、アロマもブーケも「ワインの香りと味の印象の総合」と定義されている場合があります。しかし、基本的には香りと味は別個のもの、というのが学者たちの見解です。通常、ぶどう由来の香りをプリメアアロマ(Primäraroma)、発酵を経て生じる香りをゼクンデアアロマ(Sekundäraroma)、熟成によって生じる香りをテルティエアアロマ(Tertiäraroma)と分類します。ブーケという言葉は、ワイン中に存在する臭覚で感じられる物の総体、つまり香り成分とアロマ成分の全てをさしています。ドイツでは、ムスカテラー種、ゲヴュルツトラミーナー種など、ぶどうにもワインにもその個性的な香りがしっかり表れる白ぶどう品種が栽培されています。このようなワインをブケットワイン(Bukettwein)と呼ぶことがあります。

ワインは発酵、熟成を経て、果汁からは感じられなかった思いがけない香りを獲得します。また、同じ品種であっても、テロワールや収穫時期の違いなどによって、香りが異なってくることがあります。

外観と味もそうですが、香りと味は特に密接な関係にあります。味わうという行為は、外観や香りによって予測される味を確認する作業でもあります。香りとして感じられた印象は、味に感じられる場合も、そうでない場合もあります。また、酸味、甘み、苦み、タンニンのように、外観や香りからはっきり予測がつかない味わいの要素もあります。

次章ではドイツワインにどんな香りと味が潜んでいるのかを探ってみましょう。

Weingut Villa Niederberger ヴィラ・ニーダーベルガー醸造所
(プファルツ地方)

ヴィラ・ニーダーベルガー醸造所

企業グループ、ニーダーベルガー社が新しくスタートさせたブティックワイナリー。同社はほかにも、バッサーマン=ヨルダン醸造所などの老舗ワイナリーを所有している。ヴィラ・ニーダーベルガー醸造所のぶどう畑はたったの1ヘクタール、ぶどう樹は3000本だけ。醸造家に抜擢されたのは、かつてミュラー=カトワール醸造所で腕を振るったハンス=ギュンター・シュヴァルツ。完璧なまでに整備されたぶどう畑と、「なるべく何も施さず、しかし、しっかり見守る」というミニマルな醸造手法から、毎年、その年らしさのあふれるワインが誕生している。

Haardter Str.13, 67433 Neustadt
Tel. 06321-877114
www.villa-niederberger.de


2006 Neustadter Mönchgarten Rosé
2006年産 ロゼ(ほんのり甘口)12€

2006 Neustadter Mönchgarten Rosé

シュペートブルグンダー30%、メルロー30%、カベルネソーヴィニヨン20%、レンベルガー、サンローラン各々10%のブレンドロゼ。ヴィラ・ニーダーベルガー醸造所でちょっとずつ収穫された赤を合わせ、爽やかなロゼに仕立てた。糖度102エクスレで収穫し、自然に発酵が止まったために、ほのかな甘口ワインに仕上がった。フレッシュなイチゴの香りあふれる夏向きのワイン。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩本順子(いわもとじゅんこ) 翻訳者、ライター。ハンブルク在住。ドイツとブラジルを往復しながら、主に両国の食生活、ワイン造り、生活習慣などを取材中。著書に「おいしいワインが出来た!」(講談社文庫)、「ドイツワイン、偉大なる造り手たちの肖像」(新宿書房)他。www.junkoiwamoto.com
● ドイツゼクト物語
● ドイツワイン・ナビゲーター
● 好き!を仕事に
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 習い事&スクールガイド 日本メディカルセンター ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 バナー

ロンドンのゲストハウス