instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Do. 17. Okt. 2019

交配品種の話 3 ドルンフェルダーの盛衰

Eメール 印刷

1980年代から徐々に登場し始め、ニワトコの果汁のような濃いルビー色とフルーティーさ、柔らかなテクスチャーが評判となり、人気が急上昇した赤品種、それがドルンフェルダーです。栽培においては、土壌をあまり選ばず、腐敗に強く、安定した収穫量が期待でき、栽培や醸造の手間もさほどかからないため、造り手に好まれています。現在でも、赤品種としてはシュペートブルグンダーに次いで多く栽培されています。

ドルンフェルダーは、1955年にアウグスト・ヘロルトという学者がヴュルテンベルク地方のヴァインスベルク研究所で生み出した交配品種です。彼はこの新品種に、ヴァインスベルク研究所の創設を提唱したイマヌエル・ドルンフェルトの名前を付けました。品種として正式認可されたのは、1980年のことでした。

ヘロルト氏は、1929年にヘロルトレーベ (Heroldrebe)、1931年にヘルフェンシュタイナー(Helfensteiner)という赤品種を生み出しており、この2種がドルンフェルダーの親にあたります。ヘロルトレーベの親はポルトギーザーとレンベルガー(ブラウフレンキッシュ)、ヘルフェンシュタイナーの親はフリューブルグンダーとトロリンガーです。これら4種はいずれも、今日に至るまで栽培されている伝統的な品種です。

ドルンフェルダーは、色の濃い赤ワインを生み出そうという試みの過程で誕生した品種です。それも単独で醸造するのではなく、色の薄い赤品種で造られるワインにブレンドして色を濃くするという、補助的な役割の品種として造り出されたものでした。ドイツだけでなく、フランスやイタリアにもそのような色付けの役割を果たす品種があります。

ワイン・マーケティング関連の調査資料によれば、消費者の多くが赤ワインの購入ポイントに色の濃さを挙げています。「赤ワインの色は濃いほど良い」と考える人は、意外に多いようです。濃い色のワインは見た目にも凝縮感が感じられ、満足感を与えてくれるからです。

赤ワインの色をさらに濃く、という発想は新しいものではなく、造り手は、以前から主にブレンドという手法で赤ワインの色を濃く保ってきました。フランスでは、フリーラン果汁をロゼワインに使用し、残りの果皮と果汁で赤ワインを醸す方法が採られました(セニエ法)。こうすると、果汁に対する果皮の割合が多くなるため、色素やエキスの凝縮度が高くなります。この方法は、今もボルドー地方や南フランスなどで実践されています。

さて、ドルンフェルダーですが、この品種は品質面ではあまり大きく飛躍できませんでした。10年くらい前までは、ラインヘッセン地方やプファルツ地方の一流の造り手も必ずといって良いほどドルンフェルダーを栽培し、収穫量を減らすなどして愛好家をうならせる高品質なワインを生産していましたが、今では栽培をやめ、主に伝統品種のシュペートブルグンダーの生産に専念しています。そのため、ドルンフェルダーの栽培面積はやや減少傾向にあります。

それでも、ドルンフェルダーは赤の新交配品種の中で最も愛され、最も成功した品種。ドルンフェルダーから素晴らしい赤ワインを生産している醸造所はいくつもあります。

Weingut Kirchner
キルヒナー醸造所(プファルツ地方)

ゼーホーフ醸造所
醸造を一手に引き受けたラルフ
©Weingut Kirchner

プファルツ地方フラインスハイムの家族経営の醸造所。 1974年からは、ギュンター&ウルリケ・キルヒナー夫妻が醸造所を運営。手仕事を大切に、常に高品質なワインを生産してきた。両親が築いた堅固な基礎の上に新風をもたらしたのが、息子のラルフ。2007年から醸造を一手に引き受けて品質にさらに磨きをかけ、評価が高まっている。プファルツ地方の栽培品種は多彩。キルヒナー家でもドイツ固有の品種にこだ わらず、フランス品種にも力を入れており、ドルンフェルダーなどの新交配品種も積極的に栽培している。

Weingut Kirchner
Korngasse 14, 67251 Freinsheim
Tel. 06353-1838
www.weingut-kirchner.de


2011 Dornfelder Stadtmauer trocken
2011年 ドルンフェルダー・シュタットマウアー
(辛口)約6.60 €(専門店向けのライン

2010 Dornfelder Freinsheimer trocken
2010年 ドルンフェルダー・フラインスハイ
マー(辛口)4.70 €(2011年産は8月から販売)

フォム・カルクシュタイン

「プファルツ地方ではあらゆる品種に可能性があるが、赤ワインにおいて将来性があるのはシュペートブルグンダーと様々な赤品種のブレンドワイン。ポルトギーザーは徐々に失われていくだろう。だが、ドルンフェルダーにはチャンスがある」 と、ラルフは言う。辛口のドルンフェルダーには専門店向けの 「Stadtmauer」と蔵出しの「Freinsheimer」があり、後者は 醸し発酵期間が長めで、一部のワインを木樽で熟成しており、収穫翌年の8月から販売している。いずれもフルーティーさ、程良い力強さと酸味、そして軽やかさを持ち、とてもバランス が良く、デイリーワインに最適。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩本順子(いわもとじゅんこ) 翻訳者、ライター。ハンブルク在住。ドイツとブラジルを往復しながら、主に両国の食生活、ワイン造り、生活習慣などを取材中。著書に「おいしいワインが出来た!」(講談社文庫)、「ドイツワイン、偉大なる造り手たちの肖像」(新宿書房)他。www.junkoiwamoto.com
● ドイツゼクト物語
● ドイツワイン・ナビゲーター
● 好き!を仕事に
バナー バナー 日本メディカルセンター ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 習い事&スクールガイド

ロンドンのゲストハウス