instagram Facebookツイッター

Oliver Was­ser­mann
Mo. 22. Apr. 2019

英EU離脱、再国民投票の可能性が非常に高い

【ロンドン 4月12日 時事】英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、ハモンド財務相が12日、2度目の国民投票について、「実施決議案が議会に提出される可能性は非常に高い」と述べた。ただ、現在の期限となっている10月31日までの再国民投票の実施は「時間的に厳しい」とも語った。
米ワシントンで記者団に語った内容をロイター通信が伝えた。発言を受けて、外国為替市場で英通貨ポンドは急伸した。
報道によると、ハモンド氏は国民投票再実施の決議案が「いつかの時点で議会に提出される可能性はある。全てを勘案すると、非常に可能性が高いだろう」と指摘した。
メイ首相は再国民投票に否定的で、11日の下院でもその考えを改めて表明した。ただ、最大野党・労働党内には再国民投票を求める声が強く、現在進めている与野党の離脱案の修正協議の中で、野党側が実施を強く主張する可能性がある。
ハモンド氏は与野党協議は「今後2カ月ぐらいでまとまるだろう」との見方を示した。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines HIS ツアー
習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 日本メディカルセンター ロンドンのゲストハウス バナー

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択