instagram Facebookツイッター

Oliver Was­ser­mann
Do. 19. Sep. 2019

EU離脱延期法案、上院も可決=来週までに成立-英首相窮地

【ロンドン 9月7日 時事】英上院は6日、下院を4日に通過した欧州連合(EU)離脱延期法案を可決した。「合意なき離脱」に反対する議員が超党派で支持した。これにより、法案は来週の議会閉会までにエリザベス女王の裁可を得て成立する見通しとなった。

10月31日の期限までに「何があっても離脱する」と主張してきたジョンソン首相は窮地に陥った。少数与党の首相は前倒し総選挙による政権基盤の強化を模索するが、野党各党は「合意なし」の回避を確実にする方針で一致しており、早期選挙は困難な情勢だ。

首相は6日のBBCテレビで「(EUと)合意して必ず10月末に離脱する」と強調した。しかし約束を果たせなければ辞任するかとの問いに対しては、「仮定の話だ」と明言を避けた。

法案は、ジョンソン首相がEUとの離脱合意案を10月19日までにまとめることができなかった場合、同月末の離脱を来年1月末まで延期するようEUに要請すると規定。「合意なし」も辞さない強硬姿勢の首相にストップをかけている。

政府は当初、議事妨害で法案通過を阻む考えだったが、断念。上院の審議を6日までに終えることで野党と合意した結果、迅速決着が実現した。

英国の首相に議会解散権はなく、下院の3分の2が賛成しなければ選挙を前倒しできない。ジョンソン氏が4日に下院で提案した総選挙は拒否され、9日の再提案でも否決される見込みだ。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines
ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 習い事&スクールガイド

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択