Hanacell

新生児出生数が10年ぶりに70万人突破

(デュッセルドルフ 9月2日)連邦統計庁の発表によると、2014年の新生児出生数が10年ぶりに70万人を突破したことが明らかになった。2014年の新生児出生数は71万5000人で、これは前年の68万2000人と比べて3万3000人多く、4.8%増となっている。

新生児出生数が70万人を超えたのは2004年以来。シュヴェージヒ家庭相(社会民主党=SPD)は、「喜ばしい兆候。今後も家族支援に尽力していきたい」と述べた。家庭相は、廃止が決まった在宅育児手当の年間約10億ユーロの財源を、保育園の拡充に充てたい意向を示している。これに対して(キリスト教民主同盟=CDU)からは、「在宅で子どもを育てたい両親の意向も尊重するべき」と反発の声が上がっている。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
5 April 2024 1215号
新生活を応援!
2024年版
ドイツ暮らしガイド
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択