JAL
So. 26. Jun. 2022

「イスラムはドイツの一部」、わずか22%が肯定

(10月16日 デュッセルドルフ)アレンスバッハ研究所の世論調査により、「イスラムはドイツの一部」であるという考えを肯定するドイツ人は、わずか22%であることがで明らかになった。

 ヴルフ前大統領による「イスラムはドイツの一部」という公式発言に対し、否定派が旧東独地域で76%、旧西独地域で60%だった。また、どの年齢層においても否定的な意見が大半を支配しており、若年層でも否定派は55%だった。一方、リベラル派である緑の党支持者の中でも否定派が過半数を占めた。

 「西洋の価値を脅かす要因は何か?」というアンケート調査では、「国際テロ」が35%、「国内の過激派」が30%、「貧富の差」が27%、「イスラム」が26%となっている。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
17 Juni 2022 1172号
特集:この夏は
ドイツの海へ出かけよう
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択