FacebookツイッターRSS feed
バナー
Mo. 20. Feb. 2017

シリア難民にもダブリン協定適用

Eメール 印刷
(デュッセルドルフ 11月18日)連邦内務省は、出身国を問わずすべての難民にダブリン協定を適用することを発表した。これにより、ドイツに難民申請しているシリア人が他の欧州連合(EU)加盟国に送還される可能性も出てきた。11日付のヴェルト紙が伝えた。

ダブリン協定とは、最初に入国したEU加盟国でのみ難民申請を行うことができると定めたEU内の協定。ドイツでは8月、急増するシリア難民に対応するため、シリア人に対してのみ一時的にダブリン協定を適用しないとする措置を取っていた。しかし連邦内務省はこのたび、「10月21日以降、ダブリン協定はシリア人にも適用される」として、連邦移民難民局は今後、個々のケースを検証するとしており、難民申請者がほかのEU加盟国に入国してからドイツに移動している場合、最初に入国した国に強制送還されることになる。今回、送還先となる国は「ギリシャを除くEU加盟国」となっている。

しかし、最近ドイツに入国した難民の多くが他のEU加盟国への入国時に正規の登録を行なっておらず、確認作業は困難を極めることが予想されている。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

時事通信ニュース

ニュースダイジェストで働きませんか?
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツのラーメン、うどん - ドイツ・イギリス・フランス・ベルギーの麺もの大特集! バナー 習い事&スクールガイド フランクフルト、デュッセルドルフでのお住まい探し バナー

日本人が経営する欧州の宿
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択