instagram Facebookツイッター
Horizon Business Communication
Sa. 16. Feb. 2019

英国の企業の3割、EU離脱で事業を海外へ

【ロンドン 2月1日 時事】英経済団体「経営者協会」は1日、欧州連合(EU)離脱を理由に国内から海外に事業を移す企業が3割近くに上る見通しだと発表した。EU向けの輸出を主力とする企業は約3分の2が移管を視野に入れているという。どの程度の規模の事業が「英脱出」対象かは不明。
会員を対象とする1月の調査で約1200人から回答を得た。「事業を海外に移管済み」が11%、「移管を計画」が5%、「積極的に検討」が13%だった。製造業や金融・保険、情報通信などの分野で脱出志向が強く、移管先は大半がEU加盟国。
同団体は「合意なき離脱」が現実のものとなった場合に予想される混乱は「完全に非生産的だ」と強調。離脱が及ぼす影響の大きさをよく考え、慎重に行動するようメイ政権に求めた。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines HIS ツアー 2019年カレンダー販売
バナー 日本メディカルセンター ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ロンドンのゲストハウス バナー 習い事&スクールガイド

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択