instagram Facebookツイッター
ジャパンダイジェスト
Mo. 06. Jul. 2020

ドイツの移住者、流入超過が19年も縮小=インド人の流入は増加

【フランクフルト 6月29日 時事】ドイツ連邦統計局が29日発表した移住に関する統計によると、2019年にドイツへ流入した人の数は155万9000人、流出者の数は123万2000人だった。この結果、流入から流出を差し引いた流入超過は約32万7000人となり、前年の40万人から減少した。減少は4年連続。

流入者のうち外国籍の保持者は134万6000人(18年は138万4000人)、流出者は96万1000人(同92万4000人)だった。うちポーランド人とクロアチア人を筆頭に欧州連合(EU)国籍保持者の流入超過の縮小が目立った。統計局によると、この現象は欧州議会選を前に転出届を忘れた外国人の記録が修正されたためとみられる。流入超過が大きかった外国人の出身国はシリア(3万1000人)とインド(2万2000人)。特にインドからの流入者は専門技術者の誘致政策を受けて3万9000人となり、10年比で3倍の勢いだった。

一方、ドイツ国籍者は5万8000人の流出超過だった。流出先の上位はスイス(1万6000人)、オーストリア(1万2000人)、米国(1万人)となっている。米国は1991年から2004年まで流出先順位でトップを占めていたが、05年に2位、18年に3位に転落した。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Juli 2020 1125号
特集:サイクリング生活のすすめ
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択