ジャパンダイジェスト

ドイツの来年度予算案4810億ユーロ=債務ルール堅持―連立合意

【ベルリン 7月5日 時事】ドイツのショルツ連立政権は5日、2025年度予算案を総額4810億ユーロとすることで合意したと発表した。今年度当初予算からは0.9%増。リントナー財務相は、補正後水準からは1.6%減と説明した。争点だった債務抑制ルールは堅持する。17日に閣議決定する予定。

北大西洋条約機構(NATO)が目標とする国内総生産(GDP)比2%の国防費を確保。ショルツ首相は記者会見で、「2%目標を恒久的に達成する」と強調した。

公共投資は前年比7.5%増の570億ユーロ。鉄道や道路インフラ、デジタル化などに充てる。このほか児童手当を増額する。

予算編成では、社会民主党(SPD)と緑の党が、ロシアのウクライナ侵攻に伴う財政負担を「緊急事態」として、国債発行を制限するルールを適用しないよう要請していた。しかし財政均衡を重視する自由民主党(FDP)が譲らなかった。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択