instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Do. 22. Aug. 2019

ワールドカップ優勝記念パレード

Eメール 印刷

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は、ドイツの24年ぶりの優勝によって幕を閉じました。ドイツ中でお祭り騒ぎとなりましたが、その2日後の7月15日、首都のベルリンにはもう1つの特別なハイライトが用意されました。ブラジルから帰国したドイツ代表チームが、ブランデンブルク門へ凱旋することになったのです。

前夜、リオデジャネイロを飛び立ったルフトハンザの特別機2014便は、テーゲル空港に降り立つ直前、なんとブランデンブルク門の真上、上空600mを飛んで着陸態勢に入りました。直前になってベルリン市から特別許可が下り、通常ではあり得ないルート変更が実現したそうですが、その粋な演出に地上で待ち受けていたファンは熱狂したとか。

10時8分、優勝トロフィーを持ったフィリップ・ラーム主将を先頭に、代表チームが空港のタラップから降り立つと、空港職員やファンが盛大に出迎えました。チームはバスで市の中心部まで移動した後、オープンカーに乗り換えて、ブランデンブルク門までの凱旋パレードが始まります。

ワールドカップ優勝記念パレード
白バイ隊に先導され、ベルリン中央駅前に現れたドイツ代表チーム

カメラを持って中央駅まで行くと、駅の広場前は多くの人々でごった返していました。時間とともにその波は膨れ上がり、パレードのコースに面した工事現場の作業員までもが、仕事の手を休めて一斉に注視しているほど。かと思うと、向こう側の首相官邸では、職員がバルコニーに立って選手の到来を今かと待ち受けています。無理もありません。なにしろW杯優勝は東西ドイツ統一以来、初めての出来事なのです。

やがて、一際大きな歓声が奥の方から聞こえると、選手たちを乗せたメルセデスの黒いトラックが姿を現しました。白バイ隊に先導され、亀のようなゆっくりとした速度でこちらに向かって来ます。そしてついにその時が! わずか2日前に死闘を繰り広げた選手たちが、見上げたほんのすぐ先にいました。車は少しの間止まり、トーマス・ミュラー選手がファンのためにトロフィーを何度も掲げ、その横ではW杯通算得点記録を更新したミロスラフ・クローゼ選手が、下から投げ込まれるユニフォームを淡々と受け取っています。最後尾には、大会最優秀GKに輝いたマヌエル・ノイアー選手とヨアヒム・レーヴ監督の姿も。車がブランデンブルク門に到着した後、優勝報告を兼ねたファンとの盛大なパーティーが始まったのは周知の通りです。

ワールドカップ優勝記念パレード
左からドイツ代表のクラマー、ミュラー、メルテザッカー各選手

喜びに沸く選手やファンたちの姿を見ながら、2006年の地元ドイツ大会、2010年の南アフリカ大会では果たされなかったドイツの「夏のメルヘン」がここに成就したのだと感じ、私もその祝賀の余韻を楽しみました。

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村さん中村真人(なかむらまさと) 神奈川県横須賀市出身。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。現在はフリーのライター。著書に『ベルリンガイドブック』(ダイヤモンド社)など。
ブログ「ベルリン中央駅」 http://berlinhbf.com
Japan Airlines 独・英ニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド

amazon 中村真人 書著

ロンドンのゲストハウス
フランクフルト都市ガイド

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択