Facebookツイッター
矯正歯科クリニック 日本語通訳で安心!Dr Vali-Pursche
Sa. 19. Aug. 2017

旅ールのすすめ - ビールに会いに旅に出よう

山片 重嘉コウゴ アヤコ 1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた“旅ール(タビール)をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』(ワイン王国)、『ビールの図鑑』(マイナビ)、『an・an』(マガジンハウス)など様々なメディアで執筆。
www.jbja.jp/archives/author/kogo

ミュンヘンをビールの街にした王様ビール

バイエルン州の州都ミュンヘンが“ビールの都”だということは、誰しもが認めるところである。毎年秋に開催される世界最大規模のビールの祭典「オクトーバーフェスト」には世界中からビールファンが集まる。祭りの起源が1810年、当時のバイエルン皇太子の結婚式だったことをご存じの方も多いだろう。その結婚式で振る舞われたのが王立醸造所ホフブロイハウスのビールだった。祭りの規模は年々拡大し、現在ではホフブロイハウスを筆頭に、市内の6つの醸造所だけがビールを出すことができる。

ミュンヘンのビール史はホフブロイハウスと共にあったと言っても過言ではない。創業は1589年。当時のバイエルン公ヴィルヘルム5世により王立醸造所として設立された。ヴィルヘルム5世は、南ドイツのビールの品質を向上させるきっかけとなった「ビール純粋令」を定めたヴィルヘルム4世の孫にあたる。

バイエルン王国の消滅にあたり、州に運営が移行され、現在はバイエルン州立醸造所として世界中のビアファンの舌を喜ばせている。

直営のビアホールは市庁舎の近くにあり、民族音楽の生演奏と乾杯の声が昼夜を問わず響き、大変賑(にぎ)やか。常連客専用の席やジョッキ保管所があったり、民族衣装を着た老人たちが昼からビールを手に長話をしていたりと、ミュンヘンの生きたビール文化を感じられるビアホールだ。ミュンヘンを訪れる旅行者は必ずと言ってもいいほど立ち寄る、人気スポットとなっている。醸造所は1896年にミュンヘン市東部に移転した。

定番の「Hofbräuhaus Original」は、麦芽の上品なニュアンスが核となり、ホップの香りと苦味は寄り添う程度。1 リットルのジョッキで出されても飽きることなく、あっという間に飲み切ってしまう。強い個性がない分、ずっと飲み続けられる味わいこそが、このビールの一番の特徴である。

vol. 3
Hofbräu Original

www.hofbraeu-muenchen.de

Hofbräu Original

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

独・英ニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
日本メディカルセンター バナー バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー ロンドンのゲストハウス

日本人が経営する欧州の宿
ロンドンのゲストハウス