instagram Facebookツイッター
JAL
Fr. 07. Aug. 2020

独GDP、過去最悪10.1%減=コロナで消費、輸出低迷―4~6月期

【フランクフルト 7月30日 時事】ドイツ連邦統計局が30日発表した2020年4~6月期の実質GDP(国内総生産)速報値は、新型コロナウイルスの流行に伴う経済活動の停滞を受け、季節調整済みで前期比10.1%減となった。四半期ベースでの下げ幅は比較可能な1970年以来で最大。

リーマン・ショック後の09年1~3月期に成長率はマイナス4.7%となったが、それを大幅に上回る落ち込みとなった。個人消費が冷え込んだほか、輸出が低迷。主力産業である自動車は、世界的に需要が振るわなかった。設備投資も著しく減少した。 

政府は6月にコロナ対策として1300億ユーロ(約16兆円)に上る景気対策を打ち出し、7月からは付加価値税(日本の消費税に相当)の税率を期限付きで引き下げ、消費喚起を図っている。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
7 Aug 2020 1127号
特集:広島・長崎
原爆投下から75年
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択