instagram Facebookツイッター
JAL
So. 11. Apr. 2021

トルコの人権状況、深く憂慮=EU首脳、エルドアン大統領と会談

【イスタンブール 4月7日 時事】欧州連合(EU)のミシェル大統領とフォンデアライエン欧州委員長は6日、トルコの首都アンカラでエルドアン大統領と会談した。EU側はこの中で、女性の権利や言論の自由などをめぐる最近のトルコの人権状況について深く憂慮しているとエルドアン氏に伝えた。

ミシェル氏は会談後の記者会見で「EU・トルコ関係の将来について率直な議論を行った」と表明。フォンデアライエン氏は、トルコが欧州評議会の「女性への暴力およびドメスティックバイオレンス(DV)防止条約」脱退を決めたことに関して「女性や子供を守るための条約であり、誤ったシグナルだ」と指摘し、トルコに再考を求めた。 

アナトリア通信によると、エルドアン氏は会談でEU加盟への意欲を示し、対テロ共闘の重要性などを強調した。条約脱退については「現行の法律の枠組み」で女性への暴力の問題に対応すると反論し、方針を変えない姿勢を示した。

会談ではこのほか、約400万人のシリア難民を受け入れるトルコに対するEUからの追加支援や、トルコがギリシャと対立する東地中海問題などをめぐり意見交換が行われた。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択