instagram Facebookツイッター
ジャパンダイジェスト
Mo. 06. Jul. 2020

ラウター湖で自然を満喫!日帰りハイキングのすすめ

時間が経つのは早いもので、緑が生茂る季節になってきましたね。天気の良い日に近所の公園に行くと、芝生に寝っ転がって日向ぼっこをしている人たちをよく見かけます。新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出規制や接触制限も少しずつ緩和されていますが、それでもまだまだ我慢の日々……。そんな時は、人里離れた湖であなただけの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

今回は、ミュンヘンから日帰りで行けるラウター湖(Lautersee)をご紹介します。ミュンヘンから南へと電車に揺られること1時間半、アルプス山脈に囲まれたミッテンヴァルト(Mittenwald)と呼ばれる小さな街が見えてきます。ここはオーストリア国境沿いで標高900メートルに位置し、色とりどりのペンキで塗られた家やヴァイオリン作りで有名です。街中はメルヘンな雰囲気で、ローテンブルクなどロマンチック街道巡りがお好きな方には特におすすめ。

なだらかなハイキング道なだらかなハイキング道

目的地であるラウター湖へは、このかわいらしい街を散策しながら向かうことができます。ミッテンヴァルトから距離にして3キロ、ラウター湖の標高は1000メートル。なだらかな道のりをゆっくりと行きましょう。大自然の中の澄み切った空気と、アルプス山脈の壮大な景色を独り占めしながらのハイキングで、気持ちよく汗をかいてリフレッシュできること間違いなしです。

ビアガーデンで乾杯!ビアガーデンで乾杯!

お昼頃に到着したら、まずは湖にあるビアガーデンで腹ごしらえを。この景色を堪能しながら食べる昼食は格別です。ハイキング後のドリンクとして、ラドラーやルスでお昼から乾杯するのも◎。また、ラウター湖内には遊泳区間があるので、食事や休憩の後はそこで一泳ぎ。本誌1121号で紹介したシュタルンベルク湖とは異なり、この湖は「何もない」湖。大自然の中にポツンとあり、「のどか」という言葉がぴったりです。泳ぐにしても湖周辺のお散歩でも人混みに揉まれることなく、ゆったりとした時間を過ごすことができるのが、ラウター湖の魅力。私たちの場合は、湖をぐるりと一周してからミッテンヴァルトへと戻りましたが、湖にはホテルもあるのでそこで数日過ごすのも良いですよ。

ラウター湖にアルプス山脈が映えますラウター湖にアルプス山脈が映えます

今回ご紹介したのは、片道1時間弱のゆったりとしたハイキングなので、日帰りでも十分に楽しめます。ちょっとした運動不足の解消にもぴったり。ミュンヘン界隈の良さは、都会と自然の融合にあると思っています。こんな時だからこそ、自然の中に身を置いて過ごしてみてください。きっと、自粛生活で溜まっている疲れを癒してくれるはずです。

齋 直杜(さい なおと)
2016年に新潟の大学院を卒業後、ドイツ人の恋人ケイトを追いかけ、ミュンヘンに移住し、結婚。「人生は冒険だ」をモットーに、夫婦の日常生活や海外旅行の様子を発信しています。
YouTube: さいさいライフ
Instagram: さいさいライフ
ウェブサイト: saisai.life

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Juli 2020 1125号
特集:サイクリング生活のすすめ
日本メディカルセンター ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択