instagram Facebookツイッター
mizkan
So. 17. Jan. 2021

ロープガーデンで、ひと汗&冷や汗

クライミングは、ドイツで高い人気を誇るスポーツの1つです。フリー・クライミングやロック・クライミングといった大自然を相手にする豪快なコースに挑戦する人もいれば、都市部で気軽にインドア・クライミングを楽しむ人もいます。自分の手足の力だけを使って目的地に到達したときの清々しく気持ちの良い達成感が、人気の秘訣なのかもしれません。

さて、私が今回挑戦したのは、高い場所に「よじ登る」のではなく、高所で「うまくバランスを取る」ことを楽しむロープガーデン(ドイツ語ではSeilgarten)です。ロープで組まれた足場のみを伝って、ゴールまで辿り着いたら成功、というスポーツです。グループで挑戦してチームワークを育む……なんていう、新入社員向けの研修に使われそうな教育的意味合いを謳うこともあるようですが、まあ難しいことはさて置き、とにかく楽しく挑戦してみることにしました。

ロープガーデン
見ていると簡単そうなのだけれど……

ミュンヘンの南西、アマ湖の畔にあるアマーゼー・ロープガーデンは、この種のクライミング用に造られたものとしてはヨーロッパ初の施設です。見た目は小さくて簡単そうですが、4層に築かれたこのコース、実際にやってみるとなかなか手強く、すべてを制覇するには約3時間も掛かります。

体を支える装備やヘルメットなどはすべてレンタルできます(入場料に含まれる)が、ロープを掴む手に負担が掛かるので、行かれる方は手袋(自転車用などでOK)だけは持参しましょう。もちろん、足元はスニーカーやスポーツシューズで。係員から装備や安全上の注意点の説明をしっかり受けたら、いざスタート! 最初は足場として組まれた板の上などを移動するので難しくないのですが、高さに慣れないのと、ゆらゆらと揺れる足下への不安で緊張感が自ずと高まります。

アマーゼー・ロープガーデン
最後は13メートルの高さからジャンプ!

私の後に続く元気な子どもたちのグループの方が楽々クリアしているように見えて、少し焦ってしまいました。しかし、それでも頑張って先へ。コースは進むほどに高くなり、最後には13メートルに達します。途中、何度か「もうダメかも……」と思う難所もありましたが、なんとかゴールまで辿り着くことができました。落ち着いて周囲を見渡せば、ヨットが行き交うアマ湖の絶景! 深呼吸して、最後は13メートルの高さからジャンプして下りました(もちろん、体はロープで支えられています!)。

全身を使ってバランスを取らなければならないので、手も足もかなり疲れましたが、コースを制覇した後は、アマ湖畔でのんびりと休憩し、リフレッシュできました。

アマーゼー・ロープガーデン
Hochseilgarten Ammersee

www.hochseilgarten-ammersee.de
入場料(装備レンタル含む)
1~4層:大人27ユーロ、子ども(8~17歳)21ユーロ
1~2層:大人23ユーロ、子ども(8~17歳)18ユーロ
1層のみ:6歳以上 14ユーロ

Y. Utsumi
2002年からミュンヘン近郊の小さな町ヴェルトに在住。会社員を経て独立し、現在はフリーランスとして活動中。家族は夫と2匹の猫で、最近の趣味はヨガとゴルフ、フルート。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択