JAL
Do. 20. Jan. 2022

ビルの屋上でクルーズ気分!

今年の夏も終わりが近づいているようです。忙しくて十分に夏を味わってない、そんな心残りのある方にお薦めなのが、フランクフルトの中心部、証券取引所の駐車場屋上にある「ロングアイランド・サマーラウンジ」。ドイツの夏の風物詩の1つに、浜辺を再現したビーチクラブがありますが、昨年の夏から始まったこのラウンジは、少し趣向が異なります。

イメージは“リッチなクルージング中のデッキ”。広々とした甲板では、ゆったりとしたソファやプールサイドのパラソルの下、ドリンク片手に談笑したり、寝そべりながら陽射しを楽しんだりする人々の姿が見られます。カクテルを運ぶクルーや軽やかな装いの女性たち、そしてリラックスした雰囲気が、日常を離れて身も心もバカンス気分にさせてくれます。1杯目を終えるころには、駐車場の屋上にいることなどすっかり忘れてしまうはずです。

バーカウンター
クルージング中?のバーカウンターでリラックス

甲板から見えるのは大海原、というわけにはいきませんが、摩天楼の眺めもなかなかのものです。黄昏時は夕日とデッキに長く落ちる影が、日没後はイルミネーションが、ひときわ素敵なひとときを演出してくれます。毎日、午前11時から夜1時までオープンしているので、ショッピングの休憩がてらに訪れる人や、仕事の後の疲れを癒しに来る人、週末は夏の夜に思いきり浸りたい人などさまざまです。また、子どもたちの遊び場もあるので、家族連れの姿もちらほらと見られます。

デッキからの眺め
“デッキ”からの眺め

平日の夕方6時以降と日祝祭日は入場料が5ユーロかかり、ドリンク類も“地上”よりはやや高めです。また、青空が天井なので、天候次第ではクローズすることもあります。少し不自由はありますが、それでもなお評判の高いサマーラウンジ、残り少ない夏の陽気をつかまえて、一度訪れてみてはいかがで しょうか。

ロングアイランド・サマーラウンジ (9月末日までオープン)
Tel. 069-29723596
www.longislandlounge.com

A.OAyako
九州出身。2003年よりフランクフルト在住。ヒマさえあれば美味しいお店の開拓とダンスに明け暮れている。旅行・映画・仕事など、人生を楽しくしてくれるものは何でも好き。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
21 Jan. 2022 1162号
特集:ドイツの
注目スタートアップ
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択