Facebookツイッター
矯正歯科クリニック 日本語通訳で安心!Dr Vali-Pursche
Sa. 19. Aug. 2017

欧州に新風!史上最年少&新党結成から1年
フランスの新大統領は
エマニュエル・マクロン氏

16 May 2017 14:20更新

英国のEU残留・離脱を問う国民投票と、米国の大統領選、どちらも大方の予想を裏切る結果となり、世界は一気に先行き不透明な混乱の時代に突入。その後、テロの嵐が吹き荒れ、極右政党の台頭を許した欧州において、今回のフランスの大統領選挙は、欧州諸国が第二次世界大戦後、一丸となって取り組んできた統合への歩み、平和への努力が無に帰すかどうかが試された選挙として注目を集めた。マクロン氏の勝利を祝福したのは誰か、ルペン氏は何に敗北したのか、仏英独の市民の目線から探る。(ニュースダイジェスト編集部)

フランス大統領選 結果

Emmanuel Macron

Emmanuel Macron

1977年、フランスのソンム県アミアンで誕生。今年39歳で共和国史上最年少の大統領となった。2012年に経済アドバイザーとして政界入り。政界に入る前は銀行の幹部として活躍していた。2014年にはオランド政権で経済・産業・デジタル相に就任。通称「マクロン法」と呼ばれる経済成長・活性化に関する法律を成立させた。2016年4月、「アン・マルシェ!」党を結成。同年8月末に経済相を辞任し、今回の大統領選に立候補した。ファーストレディーとなるブリジット夫人との年の差は25歳。しかもマクロン氏が元教え子であったことが世界中で話題になっている。フランスでは、たとえ大統領であっても職務の遂行に影響しない限りスキャンダルにはなりにくい。マクロン夫妻は近年の大統領夫妻の中で最も良い関係を築いていると評価されている。

投票者の分析

フランスの世論調査(Ipsos/Sopra Steria)によると、今回の選挙ではフランス社会階層によって支持する人が変わることが明瞭に表れた。

年齢別

ルペン氏に投票した人は35~49歳が最も多く、43%。

年齢別

収入別

収入(月収)が多いほどマクロン氏に投票する傾向が見られる。

収入別

人口別

人口密度が高い地域ほどマクロン氏に投票する傾向が見られる。

人口別

フランス市民の声

二大政党の時代は終わった。ビジネス界から厚い信頼を置かれているマクロン氏ならきっと好景気に導いてくれるだろう。脱EUになったら世界の経済に影響し、フランスの経済的地位も下がるだろうから、ルペン氏の政策は断固として反対。ただマクロン氏は政治家としての経験が浅いので、その点は心配

(50代・男性 管理職)

第1回目の投票はフィヨン氏に入れたが、敗北してしまったので、第2回目の選挙の前に行われたテレビ討論会を見て決めた。ルペン氏がマクロン氏をズタズタに罵っていたが、マクロン氏は彼女の意見がいかに薄っぺらなのか、余計な言葉を入れず視聴者に納得させていた。その頭の回転の速さに一票!

(30代・女性 飲食店勤務)

グローバル化によって仕事を失った人や工場閉鎖を余儀なくされた人が周りにたくさんいる。金融機関で働き、お金に困ったことがないエリートのマクロン氏には現実が見えていないようだ。2002年の大統領選に出馬したルペン氏(父)は嫌いだったけれども、マリーヌ・ルペン氏は現実的だ

(70代・男性 退職者)

マクロン氏、今後の課題は?

マクロン大統領が公約を実現できるのかどうかは、6月にある国民議会選挙で何議席獲得できるかがカギとなる。過去を振り返れば、社会党のオランド前大統領、共和党のサルコジ前大統領は二大政党から選出されたので、問題とはならなかった。しかし、マクロン氏の「アン・マルシェ!」党が結成されたのは約1年前。過半数の議席を獲得することは容易ではない。



 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

独・英ニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
バナー バナー ロンドンのゲストハウス ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 日本メディカルセンター

日本人が経営する欧州の宿
ロンドンのゲストハウス