instagram Facebookツイッター
dearfoods
Mi. 12. Aug. 2020

平和村の子どもたちと安藤選手のサッカー交流会

今回は、デュッセルドルフから車で40分、オーバーハウゼンからの出張レポート。

10月11日の昼下がり、いつもは青々とした芝生の上を駆け回るプロ・サッカー選手の安藤梢さんはこの日、小さなスポーツ場に立っていた。ここは、ドイツ国際平和村。アフリカや中東諸国から紛争や災害による傷、祖国では癒せない病を抱えた子どもたちが治療のために滞在する「希望の村」だ。

オーバーハウゼンのお隣の町、デュイスブルクのチーム「FCR 2001 Duisburg」に所属し、女子ブンデスリーガ1部で活躍する安藤選手の周りでは、嬉しそうにボールを追いかける平和村の女の子たちが全力で駆け回っている。子どもたちの顔に残る傷、自由にならない手足などが祖国での悲劇を物語っているが、大好きなボール遊びに熱中する表情は明るい。


サッカー交流会、練習と試合の様子

リフティングの練習の仕方を丁寧に教える安藤選手。いつまでも続くそのボールさばきに、子どもたちの目には尊敬の色が濃くなる。「早く試合がしたい!」子どもたちのやる気は最高潮。小さなピッチ上で各国入り混じっての国際親善試合がキックオフ。

やはり安藤選手の上手さが際立つが、子どもたちも負けじと向かっていく。相手がプロでも、果敢に正面から攻め、ときには激しい当たりもいとわずに「Tor!Tor!」とゴールを目指す。安藤選手のチームが先制し、抱き合って喜ぶ姿は本当のチームメイトになった証明。

子どもたちと対峙する前、ケガや病気の状態を気に掛けていたという安藤さん。あまりにパワフルな子どもたちの様子に驚いたと同時に、「障害やハンディキャップを感じさせない子どもたちから、私の方が元気をもらいました。本当に楽しかった!」と満面の笑み。「強い個性と自己主張する姿勢は選手向き。また今度来たときに、もっとサッカーが上達していたら嬉しいな」と、子どもたちとの再戦を約束した。

「私たちの若き才能です」と、途中から参戦したドイツ国際平和村代表トーマス・ヤコブスさんも誇らしげな様子。でも、「この子たちが、それぞれの故郷で才能を開花させることができれば良いのですが・・・・・・」と続いた言葉に、考えさせられる。それでも、子どもたちが見せた強さは、きっと彼女たち自信の未来を切り開く。そう感じさせてくれる試合だった。


試合後、お互いの健闘を称え合った子ども達と安藤選手

ドイツ国際平和村のクリスマス市

11月27日(土)15:00~
※日本語による平和村の活動紹介と施設案内も14:30から開催される。希望者は要連絡。

問い合わせ先:
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
http://japan.friedensdorf.de

FCR 2001 Duisburgの今後の試合日程

【女子ブンデスリーガ1部・第11節】
10月31日(日)11:00 1. FC Saarbrücken - FCR 2001 Duisburg

【チャンピオンズリーグ】
11月3日(水)14:30 FCR2001Duisburg - Fortuna Hjörring(デンマーク)

【女子ブンデスリーガ1部・第12節】
11月6日(土)14:00 Bayer 04 Leverkusen - FCR 2001 Duisburg

※FCR 2001 Duisburgと安藤選手の日本語情報は下記のウェブサイト参照
http://fcrando.blog107.fc2.com

編集部 T
お米の名産地出身のため、日本酒をこよなく愛する。せっかくヨーロッパの真ん中にいるのだからビールやワインなどにもテリトリーを拡大し、世界の酒を語れる素敵なレディになるのが夢。座右の銘「酒は飲んでも呑まれるな」
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
7 Aug 2020 1127号
特集:広島・長崎
原爆投下から75年
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択