JAL
Fr. 03. Feb. 2023

日本産米粉を生かして ドイツの伝統的なりんごケーキ

ドイツのケーキといえば、昔、私が幼い頃に祖母が作ってくれたシュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ(Schwarzwälderkirschtorte)やフランクフルタークランツ(Frankfurter Kranz)、ドナウヴェレ(Donauwelle)などが思い出に残っています。私の祖母はドイツ人で、ヘッセン州のリンブルクという街に住んでいましたが、日曜日のティータイムにはドイツ各地のさまざまなケーキを焼いてくれました。

ドイツはケーキの種類が多く、甘いけれど、フルーツがたっぷり使われていておいしいですよね。個人的には、家庭でのケーキやパン、ピザ作りなどは、コロナ禍で巣ごもり生活が続くなか、さらに身近になったように感じます。

日本産米粉で作ったドイツ発祥のアプフェルシュトロイゼルクーヘン日本産米粉で作ったドイツ発祥のアプフェルシュトロイゼルクーヘン

さて、2月の上旬に日本食品海外プロモーションセンターによって、ドイツにおける日本産米粉の認知度を上げるためのオンラインワークショップが開催されました。そこでは日本のさまざまな米粉事業者とともに、今回アンバサダーシェフに選ばれた、ミュンヘンでケーキ店「tanpopo」を営む岡田かな子さん監修の米粉を使ったケーキのレシピが紹介されました。

岡田さんが考案したのは、「日本産米粉のアプフェルシュトロイゼルクーヘン」(Apfelstreuselkuchen)。これはクランブルの載ったリンゴのケーキです。私も実際に作ってみたのですが、日本産米粉を使うことで本来のずっしりとしたドイツ版のこのケーキに比べて、ふわふわで舌触りが軽い仕上がりに。その一方で、クランブルのサクサク感はそのままでした。また、ポン菓子を連想させるようなほんのり甘い後味も残るので、酸味のあるリンゴとも相性抜群! 小麦粉を米粉に置き換えるだけでこんなに違うのかと、可能性がぐんと広がりました。普段食べているドイツのケーキにアレンジを加えてみたい方、グルテンフリーのケーキを食べたい方は、ぜひユーチューブの動画を視聴しながら作ってみてください。

ワークショップでケーキの作り方を伝授する岡田さん ワークショップでケーキの作り方を伝授する岡田さん

今日ではドイツの食文化もどんどん多様化、国際化してきています。アジア系のレストランやスーパーマーケットは、私が17年前にミュンヘンに住んでいた頃と比べても著しく増えました。ドイツ人は伝統を重んじ、新しい商品を売買することに対して慎重な印象がありますが、一方で、一度受け入れられた商品は長く愛されるという良さもあります。

地域に愛され続けているケーキ店「tanpopo」地域に愛され続けているケーキ店「tanpopo」

ちなみに、岡田さんがミュンヘンで営むケーキ店「tanpopo」の最寄駅はMaillingerstraße(U1)。カフェスペースはいつもにぎわっており、抹茶ミルクレープやイチゴのショートケーキ、メロンパンなど、日本のスイーツも豊富に並びます。ぜひ皆さんも訪れてみてください。きっと懐かしい味に出会えます。

りんごケーキの作り方動画:www.youtube.com/watch?v=9kX01UVv538
Tanpopoのインスタグラム:@konditorei_tanpopo

大浦 詩織カミラ(おおうら しおり)
ミュンヘン生まれ、10歳ごろから京都育ち。大学卒業後、再びミュンヘンに戻る。もともと異文化教育や日独間のコミュニケーションに興味があり、ドイツのPR会社Storymakerに就職。J-BIG編集部として、在独日系企業の情報発信も行っている。 www.j-big.de

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択