JFC
Mi. 01. Dez. 2021

シュトゥットガルトが誇る正方形チョコで幸せを

皆さん、チョコレートは好きですか? チョコレートを食べると幸せな気分になりますよね。ドイツ人もチョコレートが大好き。ドイツは欧州の中でもチョコレート消費量が最も多く、ドイツの消費者は1人当たり年間約11.1キロのチョコレートを食べているのだとか。この数値は、チョコレートの国といわれるスイスより1.4キロも多くなっています。

ドイツでは、1年間に約90億ユーロ相当の多種多様な菓子製品が生産されており、これは食品業界での売上高の約8%占めています。プラリネやドリンク用粉チョコレートなどさまざまなチョコレート製品がありますが、最も多く生産されているチョコレートは、個包装された板チョコとバータイプのチョコレートだそうです。

正方形チョコが綺麗に並ぶショップ正方形チョコが綺麗に並ぶショップ

スーパーなどでもお馴染みの正方形のチョコレート、リッタースポーツ(RitterSport )。この本社はシュトゥットガルト郊外のヴァルデンブーフにあります。こちらに拠点を置く前は、シュトゥットガルトのサッカースタジアムがあることで有名なバートカンシュタットに本社がありました。その歴史は長く、1912年にバートカンシュタットでクララとアルフレッド・E・リッターによって設立。その後、製菓工場の拠点をヴァルデンブーフへ移した1930年代初めに、リッタースポーツの正方形チョコレートが誕生しました。サッカーファンのために、ジャケットのポケットに快適に収まり、より割れにくくするためにこの形になったそうです。この誕生由来により、「スポーツ」がネーミングに使われています。

こちらはヴィーガンのチョコレートこちらはヴィーガンのチョコレート

この正方形のチョコレートの特許をめぐり、リッタースポーツはここ10年間闘っていました。というのも、薄紫色のパッケージで有名な競争会社であるミルカが、同様の形のチョコレートを作りたかったようです。2020年7月、カールスルーエの連邦裁判所によってついに終止符が打たれ、以来リッタースポーツのみがこの形のチョコレートを販売できることになりました。

そんなリッタースポーツのコロナ禍での昨年の売り上げは、海外部門では中国などへの輸出が滞ったため低迷を見せたものの、昨年から「味覚での旅」をテーマにしたチョコレートの「旅夢想(Fernweh)シリーズ」を展開していたことが功を奏し、コロナ禍で簡単に旅行ができなくなった世の中でヒットしました。それによって、輸出分の損失を一部補うことができたそうです。

リッターのグッズも販売されていますリッターのグッズも販売されています

リッタースポーツ本社には、チョコレート展示室やショップ、美術館、カフェなどがあり、たまに限定イベントも開催されています。コロナ禍が去ったら、ぜひ立ち寄ってみてください。ちょっぴりの贅沢で、ひと時の幸せを与えてくれる板チョコさんたちに日々感謝です。

フンドハウゼン エリ
大阪生まれ、東京育ち。在シュトゥットガルト14年。Merz Akademie大学視覚コミュニケーション科卒。語学力を武器に、日本企業のリロケーションをサポートしながら、メディアデザイナーとしても幅広く活躍している。趣味はギターと読書。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択