Facebookツイッター
矯正歯科クリニック 日本語通訳で安心!Dr Vali-Pursche
Mo. 23. Okt. 2017

村上春樹氏がヴェルト文学賞を授賞

Eメール 印刷

作家の村上春樹氏が、ドイツの大手日刊紙ディ・ヴェルトが主催するヴェルト文学賞を授賞し、11月7日、出版社アクセル・シュプリンガーの本社ビルで行われた授賞式に参加しました。

ナチスが台頭する以前の1920年代のベルリンは、文学や映画などの分野で文化が花開き、130以上もの新聞が発行されるメディアの中心地でもありました。この賞は、戦前ベルリンで活躍したジャーナリストのヴィリー・ハース(1891~1973年)を記念して作られたもの。1999年以降毎年1人を選出しており、これまでにベルンハルト・シュリンク、ケルテース・イムレ、フィリップ・ロスといった著名作家が受賞しています。

村上氏はドイツでも抜群の人気と知名度を持つだけに、大勢の招待客で埋まった客席は期待感に満ちていました。

村上春樹さん, パティ・スミスさん
授賞式後の記念撮影にて。村上春樹さんとパティ・スミスさん(左から2番目)ほか

小説『1Q84』で、重要なモチーフとして使われるヤナーチェクの「シンフォニエッタ」のファンファーレが流れる中、開始予定の19:00より少し遅れて授賞式は始まりました。同紙文芸部の編集長リヒャルト・ケメリングス氏が村上氏を歓迎する挨拶を述べた後、女優のフリッツィ・ハーバーラント氏により、村上氏の短編小説『パン屋襲撃』が朗読され、その合間にはやはり作品に登場するワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の音楽が流れました。

村上氏は一貫して音楽を作品のモチーフに取り入れてきたことで知られていますが、その後、米国の著名なロック歌手のパティ・スミス氏がサプライズで登場。村上作品の大ファンを公言している彼女は、ギターの弾き語りで3曲を披露し、67歳とは思えないほど若々しく伸びやかな声に、参加者は皆感嘆していました。

オーストリア人作家クレメンス・ゼッツ氏は、「村上さんの作品がなかったら、世界はより貧しいものになっていただろう。あなたと同時代に生きていることを嬉しく思う」と熱烈な賛辞を寄せ、続いて授賞セレモニーが行われました。

特に印象深かったのは、最後の村上氏のスピーチです。1983年に初めて東ベルリンを訪れた際にオペラを観て、帰りにハラハラしながらチェックポイント・チャーリー検問所まで走った体験談に始まり(村上氏は、このときの滞在を基に『三つのドイツ幻想』という短編を書いています)、「人と人、価値と価値を隔てて、一方では自分たちを守ってくれるが、他方では向こう側の人を排除する論理で作られている壁」が、自らの創作活動の重要なモチーフであり続けてきたと語りました。

「壁を抜けて違う世界を見る。それを描くのが、作家の日常の仕事。読者もまた、作家とともに壁を抜けることができる。厚い壁を抜けて、再び戻ってきたときに味わう自由。その身体感覚こそが、読書において最も大事なことだと確信している。壁のある現実で、壁のない世界を想像すること。物語は、その力を有していると考えたい」。

奇しくもこの日は、ベルリンの壁崩壊25周年の光の風船の点灯が始まった日でした。壁について改めて考える機会を、日本人の作家から与えられたことに感謝したくなりました。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村さん中村真人(なかむらまさと) 神奈川県横須賀市出身。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。現在はフリーのライター。著書に『ベルリンガイドブック』(ダイヤモンド社)など。
ブログ「ベルリン中央駅」 http://berlinhbf.com
Panasonic製品 15%OFF Japan Airlines HIS 冬休み&クリスマス年末年始の旅 フリーペーパー大賞
バナー Japan Travel SIM バナー 日本メディカルセンター バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

日本人が経営する欧州の宿
ロンドンのゲストハウス
フランクフルト都市ガイド

amazon 中村真人 書著

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択