JAL
Fr. 07. Okt. 2022

フランクフルトの夏を楽しむ! 8月のイベント一挙ご紹介

日の長い夏の間、ドイツ各地ではさまざまなイベントが開かれています。コロナ禍により長らくイベントの延期や中止、規模の縮小が続いていましたが、今年の夏はようやく毎年恒例のイベントが各地で開催される予定です。今回は、フランクフルト市内で夏を満喫できるおすすめのイベントをまとめてみました。

アトラクションや屋台が並ぶマインフェストアトラクションや屋台が並ぶマインフェスト

フランクフルトの夏のイベントの代表といえば、8月5日(金)~8日(月)の4日間の「マインフェスト」です。その起源は1340年にもさかのぼる歴史あるお祭りで、レーマー広場からマイン川岸にかけて、屋台や遊園地のアトラクションが並びます。レーマー広場には特設ステージが設けられ、連日音楽ライブで大盛り上がり。日曜日にはジョストと呼ばれる水上一騎討ち大会もあり、大人から子どもまで皆が楽しめるフランクフルトの夏の風物詩です。最終日の月曜夜10時からは花火も予定されており、ドイツにいながら夏に花火が楽しめるのはうれしいですね。

8月2週目の12日(金)~14日(日)には、ジャパンフェスの「マイン祭」が開催されます。会場はヴァルター· フォン· クロンベルク広場。特設ステージでは、地元の日本舞踊家である西川扇夢二(にしかわせん ゆめじ)さんをはじめ、毎年日本から参加しているロックバンド「K AO=S」、歌手の輝城(きじょう みつる)さんや和太鼓の笛木良彦(ふえき よしひこ)さん、墨絵パフォーマンスの羽水克哉(うすい かずや)さんなど、世界的に活躍するアーティストによる演目が披露されます。さらに、KAO=Sのボーカル川渕かおりさんが主催する殺陣(たて)とダンスを融合したパフォーマンス集団「IDEAL」も初参加の予定。おなじみの演者から初参加の出演者まで、多種多様なステージが楽しみです。屋台での飲食も日本の夏祭りを彷彿とさせ、ドイツ在住の日本人にとってもうれしいイベントとなっています。

金融街のビル群を背景にスタンドが並ぶりんご酒祭り金融街のビル群を背景にスタンドが並ぶりんご酒祭り

夏の終わりに楽しみなのが、8月最後の週末に開催される「Museumsuferfest」(博物館河岸フェスト)。昨年一昨年と2年連続で中止となってしまいましたが、例年はマイン川南岸を中心に、川の両岸に各国料理の屋台が並び、野外ステージでのライブ演奏や、水上でのドラゴンボートレースなど、さまざまなプログラムが行われます。8月26日(金)~28日(日)の期間中、市内美術館や博物館の共通パスが販売されるので、芸術を一気に楽しめるのも魅力。夏の終わりの恒例行事、今年こそ無事に開催されると良いですね。

マイン川岸は、マインフェストを始めマインシュピールやMuseumsuferfestの舞台になりますマイン川岸は、マインフェストを始めマインシュピールやMuseumsuferfestの舞台になります

ほかにも子ども向けの7月23日(土)~8月14日(日)のマインシュピールや、8月12日(金)~21日(日)のりんご酒祭り、8月31日(水)~9月9日(金)のラインガウワイン市など、夏を盛り上げるイベントが目白押しです。夏フェスで、ドイツの短い夏を満喫したいですね!

ユゴ さや香
2003年秋より、わずか2週間の準備期間を経てドイツ生活開始。縁もゆかりもなかったこの土地で、持ち前の好奇心と身長150cmの短身を生かし、フットワークも軽くいろんなことに挑戦中。夢は日独仏英ポリグロット。 Twittter : @nikonikokujila

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年カレンダー販売
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択