JAL
Di. 07. Feb. 2023

絵画と共に激動の人生をたどる シルン美術館のシャガール展

フランクフルトのシルン美術館では、今年2月19日(日)までシャガール展を開催しています。大聖堂とレーマー広場の間に位置するシルン美術館は、コレクションを持たない企画展専門の美術館として、これまでにも意欲的な特別展を開催してきました。今回は15年ぶりとなるシャガールの企画展となります。

マルク・シャガール(1887-1985)といえば、マインツの聖シュテファン教会にあるステンドグラスが有名で、私もあの青の美しさに魅せられた一人です。シルン美術館へと続く道にも、青を基調としたシャガールの広告が並び、朝早くから多くの来館者が訪れていました。前回のシャガール展は初期の作品に焦点を当てたものでしたが、今回はあまり知られていない1930年代と1940年代をメインとした展覧会です。入場券購入のため受付には列ができていましたが、入館時間指定の入場券を事前にオンラインで購入すれば、並ぶことなく直接展示室へ向かうことができます。

朝早くから来館者の絶えないシルン美術館朝早くから来館者の絶えないシルン美術館

旧ロシア帝国に生まれたユダヤ人画家として、激動の時代を98歳まで生き抜いたシャガール。展覧会ではそんな彼の人生を振り返りながら、60点以上の作品を順に観て回ります。ロシア、フランス、ドイツで活動し、ユダヤ人迫害の脅威から逃れるべく米国へ亡命、さらに愛妻との死別……世界情勢や私生活を背景に作品を見ると、アイデンティティーや作風の変化、故郷や家族への思いなど、今までとは違った観点からシャガールの世界に触れることができました。

シャガールの人生を年表で振り返ることで、作品への理解が深まりますシャガールの人生を年表で振り返ることで、作品への理解が深まります

今回の展示では、シルン大聖堂で青く輝くステンドグラスのイメージとは異なり、暗い色調や激しさを感じる作品も多くあります。いずれも観る者に訴えかける魅力があり、おりしも戦争が現在進行形で起きている今の世界情勢において、多くのことを考えさせられました。

展覧会では、絵画だけでなくシャガールが手がけた舞台衣装などの珍しい作品も。さらに展示会に合わせたトークイベントやガイドツアー、深夜までの開館日、遠方からも参加可能なデジタルガイドツアーなど、さまざまなイベントも提供されています。公式ホームページでは無料のオーディオガイドが用意されているので、自分のスマートフォンとイヤフォンを使って、オーディオガイドを聞きながら鑑賞するのもおすすめです。ステンドグラスのイメージだけでない、波乱に満ちたシャガールの人生と多様な作品に触れられる素晴らしい企画展でした。

絵画だけでなく舞台衣装など、60点以上の作品を展示絵画だけでなく舞台衣装など、60点以上の作品を展示

シルン美術館:www.schirn.de

ユゴ さや香
2003年秋より、わずか2週間の準備期間を経てドイツ生活開始。縁もゆかりもなかったこの土地で、持ち前の好奇心と身長150cmの短身を生かし、フットワークも軽くいろんなことに挑戦中。夢は日独仏英ポリグロット。 Twitter : @nikonikokujila

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択