JAL
Fr. 03. Feb. 2023

ミュンヘン郊外のバロック城シュライスハイム

ミュンヘン本格的な寒さが訪れると、博物館や美術館、音楽会や各種スポーツ試合などの催しに惹かれるようになります。今回は、ミュンヘン北の郊外に位置するシュライスハイム城(Schloss Schleißheim ※庭園は入場無料、建物内は有料)をご紹介しましょう。
続きを読む...
 

ザルツブルク郊外の野外博物館を散策

ミュンヘン寒くなるとインドアな活動が多くなりますが、こんな時こそ、晴れた日は外に出かけたくなりますね。今回は、お散歩に最適な野外博物館(Freilichtmuseum) をご紹介しましょう。バイエルン州内にもさまざまな野外博物館がありますが、今回はお隣の国、オーストリアのザルツブルク郊外にある博物館「Salzburger Freilichtmuseum」に行ってみました。
続きを読む...
 

秋ならではの楽しみ、教会でも町でも収穫祭が開催

ミュンヘン太陽をいっぱい浴びた夏が終わり、長い冬が始まる前のこの季節、9月末から10月にかけて各地の「収穫祭(Erntedankfest)」や「秋のマーケット(Herbstmarkt)」を目にすることが多くなります。
続きを読む...
 

ハリネズミが庭に来たら? 自然動物が身近にいる暮らし

ミュンヘン私が暮らしているミュンヘン近郊の小さな町では、市内と比較するといくらか広めの庭が付いている住宅が多いため、緑豊かな自然に囲まれている感じがします。また、町の周囲は畑に囲まれているため、野生のウサギや鹿、小さなネズミなどもよく見かけます。そして、時には野生のハリネズミ(Igel)が庭に住み着くこともあるようです。
続きを読む...
 

その地ならではの文化を味わう フォルクスフェスト

ミュンヘンドイツで最も有名なお祭りといえば、ミュンヘンのビール祭り「オクトーバーフェスト」でしょう。国内外からの観光客も多く世界的な知名度の高さを誇りますが、集客に占める外国人の割合は19%と、実は意外と少ないのです。最も多いのはミュンヘン周辺からの訪問者で、彼らは開催期間中に何度も来場するリピーターでもあります。まさに「我が街のお祭り」ですね。
続きを読む...
 

ミュンヘンで日本文化を感じる 墨絵ワークショップ体験

ミュンヘン ミュンヘンのバイエルン独日協会(Deutsch- Japanische Gesellschaft in Bayern e.V.)では、日本文化に関連するさまざまな催しを定期的に開催しています。今回は「墨絵ワークショップ(Seminar Japanische Tuschmalerei–Sumi-e)」(有料)の体験をレポートします。
続きを読む...
 

思わず応援に力が入る、愛嬌たっぷり「わんわんレース」

ミュンヘン 緑が美しい6月初頭にバイエルンの小さな村、グロースケッヘルハム(Großköchlham)で開催された「犬のレース(Hunderennen)」をレポートします。
続きを読む...
 

「青騎士」派のコレクションを誇る美術館「レンバッハハウス」

ミュンヘン外観はしゃれた邸宅、常設展示品には美術教科書でも見た有名な西洋画が多く並んでいます。ワシリー・カンディンスキー、フランツ・マルク、アウグスト・マッケなど、美術に詳しくなくても、見れば記憶が刺激される名画を描いた画家の作品群です。
続きを読む...
 

ロマンティック街道の旅 中世の城塞、ハーブルグ城

ミュンヘンお城や城塞、美しい街並みや長い歴史を誇る市場など、ドイツらしい観光ポイントの多いことで有名なロマンティック街道は、バイエルン州を南北に貫いています。北のヴュルツブルグから南のフュッセンまで、全長500Kmに及ぶこの街道の真ん中あたりの小さな街、ハーブルグ(Harburg)についてレポートします。
続きを読む...
 

音楽が奏でる世界旅行 in エルディング

ミュンヘン「音楽は国境を越える」と言います。同時に、各国、各地域で発展してきた音楽にはそれぞれ個性があります。文化の交流が進み、インターネットで新しい音楽が世界中に同時配信されるようになっても、音楽家個人が持つ文化的、歴史的背景と、彼らが奏でる音には密接な結びつきがあるようです。
続きを読む...
 

<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>
7 / 20 ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択