instagram Facebookツイッター
ジャパンダイジェスト
Sa. 06. Jun. 2020

2階建てバスで市内観光

ハノーファー観光客が比較的少ないハノーファーですが、実は隠れた魅力がいっぱい。今年の春に導入されたばかりのピカピカの市内観光バスで街を一周してみました。
続きを読む...
 

ニーダーザクセン州50人のアーティスト展

ハノーファー現在、ハノーファー市内の4つの美術館にてアート展「Vom Hier und Jetzt(今ここから)」が開かれています。これは、ニーダーザクセン州在住のアーティスト50人によるもので、地元に根付いた展覧会でありながら、世界のモダンアートの片鱗を垣間見ることができます。
続きを読む...
 

ハノーファーの市庁舎が100周年

ハノーファー1913年6月20日に完成したハノーファーの市庁舎が、設立100周年を迎えました。
続きを読む...
 

ハノーファーと広島の姉妹都市提携30周年

ハノーファー今年、ハノーファーと広島は姉妹都市提携30周年を迎えました。両市の姉妹都市提携は、1968年に始まった青少年交流から発展したもの。5月13日に開かれた記念式典には、広島から松井市長や種清市議会議長、市民らが参加しました。
続きを読む...
 

ハノーファー・メッセ

ハノーファー ハノーファーは、見本市の街として有名です。その代表格が、毎年春に開かれるハノーファー・メッセ(産業見本市)。今年は4月8~12日に行われました。
続きを読む...
 

ハノーファーのカーシェアリング

ハノーファー ハノーファーのカーシェアリング事業「シュタットモビール・ハノーファー(Stadtmobil Hannover)が昨年、設立20周年を迎えました。
続きを読む...
 

現代のおとぎ話―クッキーモンスター騒動

ハノーファーハノーファーの老舗クッキーメーカー、バールゼン社をご存知ですか? この会社のシンボルをめぐって先頃、世界中を騒がせる事件が起こりました。
続きを読む...
 

ベルゲン・ベルゼン強制収容所記念館60周年

ハノーファーハノーファーから北へ約50キロの場所に、ベルゲン・ベルゼン強制収容所記念館(Gedenkstätte Bergen-Belsen)があります。ここはナチス時代の強制収容所で、「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクが収容され、亡くなったところです。ドイツの強制収容所の記念館の第1号として1952年11月30日にオープンし、昨年秋に60周年を迎えました。
続きを読む...
 

寒い冬に、温かい食事を

ハノーファーハノーファーに3000~4000人いると言われている路上生活者に、温かい食事を提供しようと、4つのキリスト教関連団体が協力しながら行っている「Suppenküche」と呼ばれるプロジェクトがあります。
続きを読む...
 

ヴィルヘルム・ブッシュ博物館で観る「日本」

ハノーファー今回から「私の街のレポーター」にハノーファーが加わりました。まずはハノーファーの簡単な紹介から。ニーダーザクセン州の州都であるこの街の人口は52万人、緑豊かな街です。それほど大きな観光地ではありませんが、世界最大規模のメッセ(見本市)会場があり、2000年にはここで万国博覧会も開かれました。
続きを読む...
 

<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > 最後 >>
9 / 9 ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バナー 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 ロンドンのゲストハウス